ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース
おまとめ こぐまのケーキ屋さん:

たまごは、ふしぎです こぐまのケーキ屋さん(81)「ふしぎのひ」

大切にしたい、なにかを不思議に思う気持ち。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
-

こぐまのケーキ屋さん

 漫画家のカメントツ先生(@computerozi)がTwitter上で連載中の「こぐまのケーキ屋さん」。今週は第373話〜第374話を振り返ります。




作者:カメントツ

こぐまのケーキ屋さん

1986年生まれ、愛知県出身。デザイナー、イラストレーターを経て2014年から漫画家としての活動を開始。現在は小学館「ゲッサン」で「スタッフがおいしくいただきました」連載中。ほか代表作に、「カメントツのルポ漫画地獄」(オモコロ)、「カメントツの漫画ならず道」(ゲッサン)など。

Twitter:@computerozi




「ふしぎのひ」


こぐまのケーキ屋さん


こぐまのケーキ屋さん


当たり前だけど不思議なこと

 ケーキ屋さんの開店準備中、こぐま店長はふと、いつも使っている“たまご”に不思議を見つけます。砂糖を入れると甘いお菓子になり、塩や醤油をかけるとおいしくなる――それは当たり前すぎて考えもしないこと。しかし、店長はそういったものの中に「ふしぎ」を見つけるのが得意なようです。


こぐまのケーキ屋さん

 もしかしたらそれは、一人でただ考えてもわからないことかもしれません。それでも、自分が気になることを夢中になって考えられる店長の姿は、どこかうらやましいような、見習いたいような気持ちにさせられます。また、そんな考える店長を、そばでやさしく見守る店員さんもまたステキです。

 「店長…ふしぎも大切ですが…考え事は、手を動かしながらでもできますよ!」。ふたりで少しの間その“ふしぎのじかん”を楽しんだら、次は開店に向けて準備を急ぐ……はずでしたが、今度は牛乳に不思議を見つけてしまったこぐま店長なのでした。確かに、気になることって同じタイミングで見つかったりするものですよね……!


こぐまのケーキ屋さん










Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る