ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

トイレに閉じ込められたらトイレットペーパーの芯にすがれ ピンチをしのぐ脱出法に注目集まる (1/2)

独り暮らしの場合、閉じ込められると命に関わりかねないので覚えておきましょう。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
-

 ドアノブが壊れて、トイレから出られなくなってしまった――。誰にでも起こりうるピンチを、トイレットーペーパーの芯で乗り切る脱出法がTwitterで注目を集めています。



トイレ脱出法 トイレットペーパーの芯を切り開く

トイレ脱出法 ドアノブ付近から、ドアの隙間へ差し込む

トイレ脱出法 紙でラッチがひっこめられて、ドアが開く

 オンラインの電子工作用品店、「スイッチサイエンス」を営む金本茂(@SgkSsci)さんが紹介したライフハック。トイレットペーパーの芯を切り開いて平らにし、ドアの隙間に差し込みます。堅めの紙を滑り込ませることで、ドアが風などで開かないよう留めている三角状の装置(ラッチボルト)が、内部に押し込まれて開くわけです。



 金本さんはいざというときのために「一度練習を」と推奨。トイレに閉じ込められて窮した経験のある人は少なくないようで、Twitterでは「あのとき知ってれば」と苦労を思い出す声が寄せられました。また、そんな事態がありうると初めて知り、気を付ける人もみられます。



 ただし、成功するかどうかはドアの建て付けによるところもありますし、芯なしタイプのトイレットペーパーを使っている人もいますから、この方法も万能ではありません。金本さんは「もっとも、独身ならば扉を閉めずに用を足すのが最善」と補足。ドアの前に物が倒れていて開かないなど、どうにもならないケースもあるので、トイレに携帯電話を持ち込む習慣をつけるべきだとしています。



画像提供:金本茂(@SgkSsci)さん


       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る