ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

ケンタッキーが5年ぶりにユニフォーム一新 日本上陸50周年を記念し歴代ユニフォームを一挙公開

50年の歴史を感じます。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
-

 日本ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)は、全国の店舗で従業員が着用するユニフォームを一新します。日本上陸50周年を記念してのリニューアルで、2021年7月末には全店舗への導入を完了する予定です。


KFCユニフォーム 10代目となる新ユニフォーム

 10代目となる新ユニフォームは、店舗デザインと調和する水色、紺色、灰色というシンプルな色味に、KFCのブランドカラーである赤色をアクセントに取り入れた、清潔感のあるデザイン。従業員がユニフォームで最も重視する、機能性や通気性などの着心地を追求し、多様な従業員が心地よく着用できるデザインであることにも配慮したそうです。


KFCユニフォーム パートナー(アルバイト従業員)用ユニフォームは、シャツを紺と灰色から選べます

KFCユニフォーム 生地を工夫し、異物混入や汚れの付着を防ぎつつ、速乾性や動きやすさ、透けにくさを担保

KFCユニフォーム 社員/シフトマネージャーは水色のシャツ。キャップやエプロンはパートナーと同じです

 KFCは、1970年3月15日に大阪万博によって日本に上陸。上陸50周年のタイミングに合わせて、ブランドの顔であり、かけがえのない財産である従業員が、これからも笑顔で働くことができるように、従業員の意見を取り入れてユニフォームを一新したとのこと。


KFCユニフォーム 歴代ユニフォーム一覧

 なお、KFCは、今回のリニューアルを記念して制作した特別ムービーも公開しています。歴代全ユニフォームの貴重な写真とともに、時代が移り変わっても変わらない、従業員の思いが詰まった映像になっています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る