ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

YouTubeで「収益化していない動画」でも広告が出るように 6月1日からの規約変更で

利用に大きな影響はありません。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
-

 YouTubeが利用規約を変更すると発表しました。これにより収益化していない動画にも広告が出るようになります。日本での適用は2021年6月1日から。


メールのキャプチャ 「YouTubeの利用規約の変更について」とのメールが送信された(画像は筆者に届いたもの)

 YouTubeは、YouTubeパートナープログラムに参加していないチャンネル、または収益化に関する契約を締結していないチャンネルを対象として、広告の掲載を徐々に開始します。この広告によるクリエイターへの収益分配は発生しません。

 YouTubeは規約変更の理由を「YouTubeがプラットフォームのさまざまな場所で広告を掲載する権利について透明性の確保に努めるため」と説明しています。コンテンツ内で広告を表示する権利がYouTubeにあることを明確化しました。

 アメリカではすでに2020年11月から適用されていました。今回の変更により、YouTubeへのアクセスや利用に大きな影響はないとのことです。



高橋ホイコ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る