ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」

現在は回復してきているとのこと。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
-

 元プロ野球選手で野球解説者の大島康徳さんが15日にブログを更新。ステージ4となるがん闘病の影響でやせ細った顔写真を公開し、「正直かなりしんどかった」と振り返っています。

大腸がん ステージ4
大島さんのほほがこけた写真(画像は大島康徳オフィシャルブログから)

 3日から6日にかけて入院し、3リットルもの腹水を抜く治療を受けていた大島さん。血液検査やCT検査で通院した翌日の15日には、「なかなか、体が思う通りになってくれなくなっているようで…」「少しずつ自信も揺らぎそうだけど…踏ん張る!」とかなり消耗した様子を見せていました。

大腸がん ステージ4
車椅子を押す息子との2ショット(画像は大島康徳オフィシャルブログから)

 大島さんはこの日、病院からの帰宅後に撮影した夫婦ショットを掲載。妻の奈保美さんがニッコリと笑顔を見せるかたわらで、ほほがかなりこけてほっそりとした自身の姿に「実はね 痩せちゃったんだよね」と言及。コロナ禍でみんなマスク姿であることを引き合いに出して「マスクを外さなければあまりバレずに過ごせました」とつづっています。

 写真を撮影した当時は具合が思わしくなく、放心したような自分の表情に「我ながら目が虚ろで怖い」と自虐コメント。「食事を取れる量も増えたし薬も飲めたから少しはいいかな? と思ってます」と現在の調子を明かしています。

 大島さんは2016年10月にステージ4の大腸がんと判明。「このままなら余命1年」との宣告を受けており、2017年2月には大腸の手術を終えたと報告しています。現在は「これまで通りの生活ができるように共存する」という姿勢のもと、転移した肝臓の数値観察を含めた抗がん治療を続けています。

大腸がん ステージ4
大腸がん手術を終えた2017年2月時の1枚(画像は大島康徳オフィシャルブログから)

関連キーワード

がん | ブログ | 野球 | 治療


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る