ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

「ゆっくり茶番劇」柚葉さんが商標抹消を弁理士に依頼か、元所属コミュニティーが報告(1/2 ページ)

結果が出るまでは2週間ほどかかる見込みです。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
-
advertisement

 文字商標「ゆっくり茶番劇」をVTuberの“柚葉”さんが取得した件で、ライバーコミュニティー「Coyu.Live」(コーユー・ドットライブ)は5月23日、柚葉さんから商標抹消の手続きを行ったとの連絡を受けたと報告しました。

※当初「所属コミュニティー」と記載していましたが、「元所属コミュニティー」に修正いたしました

 Coyu.Liveは柚葉さんが所属していたライバーコミュニティー。5月20日には柚葉さんに対し無期限の会員資格停止処分を下していましたが(関連記事)、その後も柚葉さんとはやりとりしており、翌21日には柚葉さんから「月曜日から放棄手続きを開始する」との連絡があったとTwitterで報告していました。

 Coyu.Liveのツイートによれば、柚葉さんから同日10時ごろ、弁理士に対し商標の抹消申請書類を送付し、特許庁への提出を依頼したとの報告を受けたとのこと。その後書類が受理されたかどうかまでは不明ですが、少なくとも弁理士事務所宛の受領書は画像で確認しているそうです。なお、その後の流れとしては、書類が受理されてから「二週間程度で通知が届くようです」と報告しつつ、「二週間、長いかもしれませんが、どうか、、どうか、、どうかお待ちください…お願いします…」ともツイートしています。

 「ゆっくり茶番劇」は、同人ゲーム「東方Project」から派生した動画ジャンルの一つでしたが、5月15日になって突然、VTuberの“柚葉”さんが「ゆっくり茶番劇」の文字商標を取得したと報告し炎上。その後「東方Project」作者のZUNさんや、「ゆっくり茶番劇」の動画が多く投稿されているニコニコなどが見解を出すなど大きな騒動に発展していました(関連記事1関連記事2)。

ゆっくり茶番劇 ニコニコ大百科「ゆっくりしていってね!!!」より

 

       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る