ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

ウメハラが突然135万円のベースを購入 理由はまさかの「左手のコマンド入力を鍛えたい」(1/2 ページ)

格ゲー強くなりたくて135万の楽器を買う王。

advertisement

 プロゲーマーのウメハラ(梅原大吾)さんが突如として135万円のベースを購入。ベースの練習配信を開始し、ファンを驚かせています。どういう展開なんですか!?

 近年レバーレスコントローラ「hitBOX」を使用しているウメハラさんですが、左手でのコマンド入力ミスが増えたことを課題に感じていたとのこと。また、現状のプロが使えていない「小指」での操作に開拓の余地があるとして、左手の運指を鍛えられる楽器であるベースに目を付けたそうです。

 案内役は世界的ジャズベーシスト・川村竜としても知られる格闘ゲーマー・ストリーマーのミートたけしさん。いくつかのベースを試奏しながらウメハラさんに紹介する中、弾き始めて2秒で「これだ!」と太鼓判を押したのが例の135万円のベースでした。「なんか仕込まれてない?」とさすがに苦笑いするウメハラさんでしたが、まんまと購入することに。格ゲー強くなるために135万円のベース買う人初めて見た。

ウメハラベースミートたけし しかも自分では弾かずに購入を決定(画像は「ミートたけし - MEAT TAKESHI-」より)

 ちなみにこの楽器はFender社の最高峰モデルにあたる「カスタムショップ」のもので、“マスタービルダー”の称号を持つ職人が手作業で作り上げた1本。ついさっきまで「ベースとギターって何が違うんですか?」と言っていたウメハラさんが、楽器好きなら誰もが一度は憧れるベースをいきなり購入することになったのでした。

ウメハラベースミートたけし 守りたいこの笑顔(画像は「DaigoTheBeasTV」より)

 ウメハラさんは早速自身の配信でもベースを披露。ミートさんに指導を受けるとツーフィンガー奏法のことを「ピアノ押し(2本の指で1つのボタンを押すこと)」と格ゲー用語で理解するなど、格闘ゲーマーらしい一面も。

 本人も「性格的にはこういうの好きなんです」と語るとおり、反復練習の必要な格ゲーと楽器は共通点も多く、ネットでは「左手強化の為にベースを始めるのセンス良すぎる」「練習耐性もあるし、知識はプロがすぐ教えてくれるだろうし、多分すぐベース上手くなるだろ」など“ビースト”ならぬ“ベーシスト・ウメハラ”の今後に期待する声があがっていました。

ウメハラベースミートたけし なおその日の夜のRed Bull Kumiteミラー配信中にも早速「ベースのトレモ」を始めていました(画像は「DaigoTheBeasTV」より)

       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る