「京都ラーメンチェーン」人気ランキングTOP7! 1位は「天下一品」に決定!【2021年最新投票結果】

Tweet
Share
LINE
Hatena

 2020年12月19日から2021年1月18日まで、ねとらぼ調査隊では「あなたの好きな京都ラーメンチェーンは?」というアンケートを実施していました。

 投票対象は、京都ラーメンを代表する7つのチェーン。投票項目外のチェーンに投票したい場合は「その他」に投票していただき、コメントで店名を教えてもらいました。

 今回のアンケートでは、総数1782票もの投票をいただきました。ありがとうございます! それでは、結果を見ていきましょう。

advertisement

第7位:ますたに

 第7位は、「ますたに」でした。得票数は116票、得票率は6.5%となっています。

 1947年に屋台の営業を始め、1949年に京都市左京区の銀閣寺周辺に店舗を構えた老舗ラーメン店。京都と東京にそれぞれのれん分けした店舗があり、創業の頃から変わらない背脂鶏ガラ醬油ラーメン一本で勝負しています。スープの表面に豚の背油を散らしており、「背油チャッチャ系」の元祖とされています。

画像は「京都銀閣寺ますたにラーメン 公式サイト」より引用
advertisement

第6位:来来亭

 第6位は、「来来亭」でした。得票数は122票、得票率は6.8%となっています。

 来来亭は滋賀県野洲市に拠点を置くチェーン店。京都市伏見区にかつて存在していたラーメン店を引き継ぐ形で、1997年に創業しました。鶏ガラ醬油スープと背脂を組み合わせたコクのあるスープがストレートの細麺に絡み、豊かな香りと味を楽しめます。背脂やネギの量、麺の固さや醤油の濃さなどを無料で指定することができるため、自分好みの味で味わうこともできます。

advertisement

第5位:ラーメン横綱

 第5位は、「ラーメン横綱」でした。得票数は160票、得票率は9.0%となっています。

 ラーメン横綱は、1972年に京都市南区で屋台での営業を始め、1977年に1号店(現・吉祥院本店)をオープンしました。40年以上にわたって守り続けている「屋台から変わらぬ味」は、豚骨醤油をベースにしたあっさり系スープと共に、弾力のある縮れ麺が特徴的です。テーブルには刻みネギやニンニク唐辛子、おろしニンニクが置いてあり、3種類の無料トッピングで味の変化を楽しめます。

advertisement

第4位:新福菜館

 第4位は、「新福菜館」でした。得票数は206票、得票率は11.6%となっています。

 新福菜館は、1938年に屋台の営業を始めました。京都駅近くで店舗営業を始めたのは1945年と古く、京都ラーメンのルーツともいわれています。戦時中から親しまれた味は、チェーン展開はせずにのれん分けした各店舗で脈々と受け継がれています。名物の中華そばは、真っ黒のスープが印象的。一見濃い味付けに思えますが、だしが効いた素朴な醤油ラーメンで、九条ネギとの相性が抜群です。

advertisement

第3位:本家第一旭

 第3位は、「本家第一旭」でした。得票数は210票、得票率は11.8%となっています。

 京都市下京区にある本店は、JR京都駅から徒歩で約5分という立地。チャーシュー・麺・醤油・九条ネギ・緑豆もやしといった素材すべてにこだわりがあり、豚骨ベースの醤油スープとともに1947年の創業から変わらぬ味を50年以上守り続けています。2018年には新宿にも出店し、東京進出を果たしました。

 また、のれん分けした店舗も多数あり、京都だけでなく神戸や大阪でも第一旭のラーメンを味わうことができます。

advertisement

第2位:ラーメン魁力屋

 第2位は、「ラーメン魁力屋」でした。得票数は400票、得票率は22.4%となっています。

 「ラーメン魁力屋」の本店は京都・北白川にて2005年にオープンし、2020年12月時点では全国に102店舗を展開しています。怒涛の勢いで成長を遂げている理由は、ラーメン魁力屋の代表格である特製醤油ラーメンにあります。特製醤油と中細麺が絶妙なバランスでマッチし、たっぷりのネギと背脂にも合うラーメンです。

 魅力屋の原点である「特製醤油ラーメン」から、たっぷりのシャキシャキ感を楽しめる「特製醤油九条ネギラーメン」、厳選のトッピングを心ゆくまで楽しめる「特製醤油全部のせラーメン」などが人気。期間限定のメニューにも力が入っています。

画像は「ラーメン魁力屋 公式サイト」より引用
advertisement

第1位:天下一品

 第1位は、「天下一品」でした。得票数は505票、得票率は28.3%となっています。

 1971年、創業者である木村勉さんが当時勤めていた会社が倒産したことをきっかけに、廃材から屋台を作り営業を始めたのが天下一品でした。天下一品を代表する独特なスープは、約4年の歳月を費やして誕生したものだそうです。こってりとした口当たりながらも後味がスッキリとしていて、やみつきになるおいしさです。

 こってりとしたスープが好きとの声が多く「天下一品のこってりラーメンが一番好き」「こってり一筋です」といったコメントが寄せられていました。

画像は「天下一品 公式サイト」より引用
advertisement

コメント欄で多かったのは……

 アンケートでは、投票項目外のチェーン店を「その他」として投票していただき、コメントで店名を教えてもらいました。

 コメントで特に多かったのは「ラーメン藤」と「天天有」。ラーメン藤は1972年に誕生した、細麺とこだわりのタレが魅力のチェーン店で、京都から滋賀・大阪・奈良・兵庫など、関西を中心に店舗展開しています。

 天天有は1971年に創業した老舗ラーメン店。コラーゲンたっぷりの鶏白湯スープは濃くてとろみがあり、まったりとした甘みの強さが特徴です。京都ラーメン特有の味とは異なる独自のラーメンとして、人気を博しています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着タグ