メニュー

伝説のバンド「クイーン」の伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」 ネットの反応に見る意外なファン層

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

フレディ・マーキュリーかわいい説も浮上。

フレディ・マーキュリーかわいい説も浮上。

はじめに

 伝説のバンド「クイーン」のリードボーカルであるフレディ・マーキュリーの生涯を描いた伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」が、11月9日の公開から2週連続で興行収入ランキングで1位を獲得(興行通信社調べ)。また、ファンから要望の多かった“胸熱応援上映”も実施されている他、フレディ・マーキュリーの命日である24日にはTOHOシネマズ日比谷でメモリアルイベントの開催も決定するなど、さらなる盛り上がりを見せそうです。

 1970年代にデビューし、「キラー・クイーン」や「ウィ・ウィル・ロック・ユー」「伝説のチャンピオン」「ドント・ストップ・ミー・ナウ」など数多くのヒット曲を生み出したクイーンの活躍を知る世代や、当時を知らない世代からはどう受け止めているのか、ネットの反応をまとめてみました。

公開初日から大きな盛り上がりに

期間:11/1~11/22

 公開日の前日には特別上映が行われたこともあり、多くのファンが反応しており、公開初日には、3万超のツイートがされる盛り上がりを見せています。都内の劇場では満席回が続出し、初週の週末興行成績は累計33万人超を動員するなど好調スタートを切っています。

 また、11日付けのiTunesアルバムランキングでは第1位に「ボヘミアン・ラプソディ」オリジナルサウンドトラックが、第2位にクイーンのベストアルバム「QUEEN Jewels」、第4位に同じくベストアルバムの「Greatest Hits」がランクイン。映画を見た後の余韻も楽しんでいるようです。

注目ツイート

 映画の試写を見た女優ののんさんは、「素晴らしかった」「スターの人生は映画になるんだ、と改めて感動するドラマでした」と絶賛しており、SNSではフレディ・マーキュリーが1986年のラストツアーで着用していた王冠&マントのコスプレを披露し、注目を集めていました(関連記事)。

フレディのコスプレは自身が連載を持つ雑誌『映画秘宝』1月号でも披露

男女比と年齢層

男女比は

男女比は、男性55.3%、女性44.7%、男性だけでなく女性にも注目されているようです。


年代は

  • 20代:5.7%
  • 30代:40.9%
  • 40代:28.8%
  • 50代:20.3%
  • 60代:3.9%

 全体の半数を占めたのは、当時を知る40~50代。予想通りといった反応が見られる中、意外にも全体の4割を占めたのは30代。40~50代に劣らず高い関心を示していました。

ポジティブ? ネガティブ?

期間:11/1~11/22

 公開前からポジティブな意見が多く、公開後はさらに評価を高めており、観客の満足度は高いようです。

ポジティブなツイート

 主なポジティブな意見としては、「曲しか知らなかったけれどクイーンとしてやっていく経過とかさっくりわかったし、なによりも役者の方々が本人にしか見えない」「クイーンのことはよく知らないんだけど、観終わる頃にはバンドメンバーのことが好きになってました」といった声が寄せられており、前知識が全くない人でも楽しめている様子。また、「ますますフレディが好きになった」と往年のファンにも高評価でした。

関連ワード

共起ワード(期間:11/1~11/22)

 同作に関連して用いられる言葉としては、「感動」「素晴らしい」「面白い」などポジティブな感想が多数。中でも興味深いのは、一見、ロックバンドには似つかわしくない「かわいい」というワードが首位にきていることで、フレディかわいい説が浮上しています。

まとめ

 「曲は知っているけど、クイーンがどんなバンドか知らなかった」と当時を知らない世代も興味を示しており、日本での第3次クイーンブームをけん引しそうな様子。また、近年増加する“応援上映”も行われているため、曲を聞き込んでからもう一度足を運ぶファンも多く現れそうです。

(C)2018 Twentieth Century Fox

関連人物

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ランキング