メディア

【RIP SLYME】人気No.1を決めよう! あなたが一番好きなオリジナルアルバムはなに? 【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 キャッチーなフレーズとメロディアスなフロウ、そして4MCによる巧みな韻によって、数々のヒットソングを世に送り出してきたRIP SLYME。ヒップホップはもちろん、音楽シーンを代表するグループの1つです。2018年に活動休止を発表した今なお、根強い人気を誇ります。

 そこで今回、「あなたが選ぶRIP SLYMEのNo.1オリジナルアルバムは?」というテーマのアンケートを実施します。お気に入りの1枚にぜひ、投票してください! まずは投票対象の中から、5枚の作品を紹介します。

RIP SLYME
画像は「RIP SLYME 公式Twitterアカウント」から引用
advertisement

FIVE

 2001年に発売された「FIVE」。メジャーデビュー後、1枚目のアルバムながら完成度が非常に高く、傑作の呼び声高い「マタ逢ウ日マデ」や、デビューシングル「STEPPER’S DELIGHT」など、RIP SLYMEを一躍有名にした楽曲が収録されています。

advertisement

TOKYO CLASSIC

 2002年発売のセカンドアルバム「TOKYO CLASSIC」。オリコンのアルバム売上ランキングで第1位を獲得しています。夏にピッタリの爽やかなナンバー「楽園ベイベー」やキレッキレのラップがかっこいい「FUNKASTIC」、そして、名曲「One」などが収録されています。

 本作では、MC陣全員がソロ曲に挑戦。それぞれの世界観が表現された4曲によってアルバムの遊び心が増し、バランスのとれた構成になっています。

advertisement

MASTERPIECE

 オリジナルアルバムとしては、前作「TIME TO GO」から約1年3カ月ぶりのリリースとなった「MASTERPIECE」。マキシシングル「Dandelion」や「Galaxy」、そしてRIP SLYMEの代表曲「黄昏サラウンド」が収録されています。

 タイトルのとおり、長く聞き継がれる定番として製作された1枚。“おヒョイさん”こと、故・藤村俊二さんのモノローグから始まる本作は、全体にゆったりとした大人の雰囲気にあふれ、聞くほどに味わいが出てきます。

advertisement

FUNFAIR

 2007年発売の「FUNFAIR」は、日本語で移動式遊園地を意味するタイトルのごとく、RIP SLYMEのさまざまな表情が楽しめるアルバム。

 アップテンポな「SPEED KING」やパーティーチューン「熱帯夜」のほか、ロックバンド・MONGOL800とコラボした「Remember」や東京メトロのCMソングとして起用された「Tales」などが収録されており、バラエティーに富んだ1枚になっています。

advertisement

Talkin’ Cheap

 「Talkin’ Cheap」は、インディーズ時代にリリースしたアルバム。グループの実力を一躍知らしめた「白日/真昼に見た夢」など、原点と呼べる楽曲が収録されています。

 メロディーとラップのバランスが非常に優れており、ブレイク前から高い完成度を誇っていたことがわかります。ファンはもちろん、音楽好きなら一度は聞いておきたい名盤です。

advertisement

その他

 RIP SLYMEがこれまでにリリースしてきた、5枚のオリジナルアルバムを紹介しました。なお投票対象は、インディーズアルバムも含めた全12枚。その中から、あなたがもっともお気に入りの1枚を教えてください! アルバムや楽曲への感想などもお待ちしております。それではご投票、よろしくお願いします!

advertisement

アンケート

あなたが選ぶRIP SLYMEのNo.1オリジナルアルバムは?
合計:178票
実施期間:2021/02/10 00:00 〜 2021/02/23 23:59
投票は締め切りました

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「エンタメ」のアクセスランキング