メディア

【スカーレット 第22週】辛い余命宣告……母として喜美子が見せた武志への愛情に涙する人続出!

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

  滋賀・信楽で育った少女が、やがて男性ばかりの陶芸家の世界に飛び込み、自分だけの陶芸を目指していく物語「スカーレット」。今週も視聴者の評価と感想をお届けします。

advertisement

「スカーレット」第22週(3月2日〜7日放送)のあらすじ

 喜美子(戸田恵梨香)が八郎(松下洸平)に「新しい関係を築こう」と言ってから数か月が過ぎ、時折、武志(伊藤健太郎)と3人で食卓を囲むように。穏やかな日々を過ごす喜美子は信作(林遣都)からの頼みで観光客向けの陶芸体験教室を開く。

 参加者からうれしい手紙をもらった喜美子は、誰もが陶芸に親しむことができる陶芸教室を開くことにする。一方、武志は亜鉛結晶を用いた作品に挑戦し、作品を完成させる。体調不良が続く武志は近くの病院で血液検査をした結果、県立病院を紹介される。

 県立病院を訪れた喜美子と武志は、風変わりな担当医師・大崎(稲垣吾郎)と出会い、武志は精密検査を受ける。後日、喜美子は大崎から武志が慢性骨髄性白血病で、余命は3年から5年と告げられる。ひとり悩みながらもいつもどおりに振る舞おうとする喜美子。しかし、照子(大島優子)の前では秘めていた悲しみがあふれ出し、大泣きしてしまう。 (「スカーレット」公式サイトより)

今回紹介した「スカーレット 第22週『いとおしい時間』」はAmazonプライム・ビデオのNHKオンデマンドで視聴できます。

(C)NHK
advertisement

「スカーレット」第22週のネット上での評価

 ネット上での「スカーレット」第22週の評価は、「ポジティブ」が 73%となりました。

advertisement

第22週最大の盛り上がりポイントは3月4日の稲垣吾郎さん演じる大崎医師の登場回でした

 スカーレット第22週でもっとも盛り上がったのは、武志の主治医である大崎が登場した3月4日放送の第129回でした。登場予告が行われていた稲垣吾郎さん演じる大崎の姿に多くの人が反応。「存在感がすごくある」「シリアスな展開に、吾郎ちゃんのあのなんともいえない優しいムードはどれだけ救いになるか」など、大崎の存在に注目が集まりました。

advertisement

慢性骨髄性白血病

 ずっと体調が優れなかった武志は、一人で病院で検査を行っていたことを喜美子に伝えます。事後報告になったことに激怒する喜美子でしたが、後日、武志とともに病院に出向き、担当医の大崎から「経過観察」との診断結果を伝えられます。武志は不安を残しながらも胸をなでおろし、喜美子に見送られて血液検査へと向かいましたが、喜美子は再び大崎と対面し、武志の病が慢性骨髄性白血病だと聞くのでした。

 この流れに、「希望を描くドラマであって欲しいと思う。ただ悲しみや後悔を思い出す様なドラマにはなって欲しくない」「理不尽も困難も感情抑えて乗り越えて来た喜美子だけど今回は……」など、さまざまな感想がありました。

 また、病名を告げられたときに喜美子が見せた困惑の表情にも「この時の喜美子の表情…すごいなぁ」など、注目が集まりました。さらに白血病に関する正しい知識を隠さずに伝える大崎と、骨髄移植ができなかった場合の武志に残された余命を宣告された喜美子のやりとりに「稲垣吾郎ってこんなに芝居上手やったんや」「とても良い。素晴らしいキャスティング」「最愛の一人息子の余命宣告、喜美子の涙と、やり切れなさを吐露する戸田さんの演技、凄かった」など、演技に関するツイートが数多くみられました。

advertisement

喜美子と照子の関係に涙する人続出

 いつもの様に大量の野菜をたずさえて、息子の竜也とともに喜美子の家を訪れた照子でしたが、出迎えた喜美子の様子に、何かがあったと感づきます。問い詰める照子に根負けし、張り詰めた気持ちが決壊した喜美子は、照子に対して、今まで見せたことのない姿を見せました。この流れに対し、「行き場のない怒りなら自分にぶつけたらええと言ってくれる親友。照子がいてくれて良かった」「照子の重い愛情はこの日の為だったんだ」「喜美子がひとりで泣いてなくてよかったです」など喜美子と同様に、照子の存在に救われた視聴者が多かったようです。

 また喜美子と照子の関係と重ね合わせるように、「武志の様子に唯一気がついてるのが、照子の息子というのが、ああ、親子だなあと」「竜也は武志の事を尊敬してるし慕ってるし、体調の事も見えるんやな……。ええ子やな」「照子がみんなの健康気をつかう人だから竜也も自然と周りの人の体調に目がいくようになったんだな……」と、竜也の性格や、武志と竜也の関係性に着目した人も数多くいました。


advertisement

親子3人で過ごす、いとおしい時間

 「いとおしい時間」と第されたスカーレット第22週では、喜美子と八郎、そして武志の親子3人で過ごす時間が多く描かれていました。3人でそうめんを食べるシーンでは、そうめんを1本ずつ食べようとする武志に対し、「子供返りする武志君……可愛すぎか!」という武志の可愛らしさに注目する人や「いつのまにか八郎が麦茶を注いでくれていて、喜美子もなんら気にかけることなくお任せにしている。よかったよかった」と、喜美子と八郎の関係が修復されていることに喜ぶ声が。また喜美子の帰りを縁側で待つ八郎と、買い物帰りで大量の荷物を抱えた喜美子の会話に、「今の二人の関係結構好き」といった感想も見られました。

 そんな中での武志の病名判明。喜美子は八郎にさえ、病名を伝えることができず、親子3人で食べる夕食の準備を進めていました。一方、かわはら工房の中では、亜鉛結晶のデザイン化に成功した武志が、八郎に次回作の意見を求めるシーンが流れます。これに対し、「時間がないと知った喜美子と、時間はあると教える八郎。このドラマ中一番キツい対比」「喜美ちゃんが八さんに武志のこと話せないのは……話すとほんとになってしまうような気がするんやないのかな」といったツイートがありました。

advertisement

まとめ

 スカーレット第22週は、ようやく親子3人の何気ない穏やかな時間が過ごせるはずだった所、武志の病が慢性骨髄性白血病であることが判明。それを武志や八郎に伝えることができない喜美子の表情が印象的な週となりました。また、武志の担当医となる大崎の登場に、Twitter上は盛り上がりを見せました。

今回紹介した「スカーレット 第22週『いとおしい時間』」はAmazonプライム・ビデオのNHKオンデマンドで視聴できます。

advertisement

次回は……

 武志に病名を伝えるかどうか、喜美子は悩み続けていました。しかし、自分の症状に疑問を持つ武志の様子に気づき、ついに病名を伝えることを決意します。自分の病名を予測していた武志と、死なせないと決意する喜美子。いよいよ物語は、佳境に突入します。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.