メディア

【モーニング娘。】シングル曲でどれが一番好き? 【アンケート実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1997年に、テレビ番組「ASAYAN」から誕生した「モーニング娘。」。つんく♂さんプロデュースのもとヒット曲を続々とリリースし、押しも押されぬ国民的アイドルとして成長しました。何度もメンバーチェンジを繰り返し、2021年現在でもダイナミックなダンスパフォーマンスが評価されているアイドルグループです。

 その中でも、初期の1990年代後半~2000年代前半の活躍は飛ぶ鳥を落とす勢いで、男女問わず絶大な人気を獲得。現在でもカラオケなどで歌い継がれる人気曲をたくさん生み出しました。

 そこで今回ねとらぼ調査隊では、「モーニング娘。のシングルで、どれが一番好き?」というテーマでアンケートを実施します。「この曲が青春を彩った」「今でもよく歌う」などのお気に入りの曲があれば、ぜひ投票に参加してください!

画像は「Amazon.co.jp」より引用

 まずは、投票対象から3曲をピックアップして紹介します。

恋愛レボリューション21

 11枚目のシングルとして、2000年にリリースされた楽曲です。ノリノリのディスコサウンドとキャッチーな振り付けは、日本全国で真似をする人が続出。現在も多くの人に愛されている代表曲です。

 タイトルの「21」は、リリースされた20世紀末から21世紀に移行する時代を反映したものでもあり、当時は未来感を感じさせる楽曲でもありました。ちなみに、この楽曲では後藤真希さんと安倍なつみさんがセンターを務め、中澤裕子さんの卒業直前のシングル曲でもあります。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

LOVEマシーン

 1999年リリースの7枚目のシングル。これが発表されるまでの楽曲はどこか哀愁を感じさせる印象でしたが、本作ではカラッとしたポップチューンに方向転換。キャッチーなサウンドにコミカル要素も含んだ歌詞とダンスは人々の心を掴み、グループ初となるミリオンセラーを記録しました。

 また、この曲は鳴り物入りで加入した後藤真希さんの初参加シングル。これまでのメンバーのカラーとは違うクールな雰囲気が話題に。そして、このシングル曲を最後に石黒彩さんが卒業しています。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

モーニングコーヒー

 1998年にリリースされた、記念すべきメジャーデビューシングル。「ASAYAN」で選抜された5人の第1期メンバーが、前作「愛の種」を5万枚売り切ったことでメジャーでのリリースが実現しました。また、つんく♂さんが全面的にプロデュースするきっかけともなった楽曲です。

 シンプルな衣装とミディアムな曲調で、その当時の等身大の女の子を感じさせました。名実ともにモー娘。の原点となるシングル曲で、2018年には第1期メンバーと現役メンバーのコラボが実現しています。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

まとめ

 ここまで3曲を紹介しました。「モーニング娘。」は、今のアイドルにつながるグループ制やメンバー入れ替えシステムなどの礎を築き、彼女たちに憧れて芸能界で活躍している人も多数。アイドルの歴史に大きな功績を残したことは誰しもが知るところです。

 今回は、そんな彼女たちがこれまでにリリースした全シングルが投票対象。ぜひお気に入りの一曲を選んでください。選んだ理由や曲への感想などもお待ちしております。それでは投票、よろしくお願いします!

advertisement

アンケート

モーニング娘。で好きなシングル曲は?
合計:16092票
実施期間:2021/02/18〜2021/03/03
投票は締め切りました

それでは、以下のアンケートから投票をよろしくお願いします!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ランキング