メディア

【スカーレット 第23週】筆談シーンに胸が熱くなる……白血病と闘う武志が望んだ日々は

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

  滋賀・信楽で育った少女が、やがて男性ばかりの陶芸家の世界に飛び込み、自分だけの陶芸を目指していく物語「スカーレット」。今週も視聴者の評価と感想をお届けします。

advertisement

「スカーレット」第23週(3月9日~14日放送)のあらすじ

 喜美子(戸田恵梨香)は武志(伊藤健太郎)に病名を告知するかどうかで悩んでいた。決意を固めてアパートを訪ねると、思いがけず石井真奈(松田るか)という若い女性が一緒だった。3人で楽しくたこ焼きを食べたあと、喜美子と2人になった武志は両親の離婚の理由を理解できたと打ち明ける。

 武志の成長をうれしく思う喜美子だったが意を決して武志に病名と余命を知らせる。感づいていたという武志に喜美子は絶対に死なせないと断言。武志は入院して治療することに。一方で八郎(松下洸平)を含めた他の人に、知られたくないと訴える。

 大崎(稲垣吾郎)に相談し、患者の心に寄り添おうとするその姿勢に力を得た喜美子は、武志の了承を得てはいなかったが、直子(桜庭ななみ)と百合子(福田麻由子)、そして八郎(松下洸平)に病気のことをすべて話し、協力を頼む。さっそく喜美子と八郎はドナーになれるかどうかの検査を受けるが2人とも型が合わず。

 入院中の武志は八郎から贈られたジョージ富士川(西川貴教)の絵本に勇気づけられ、みなに打ち明け、病気と闘う決意をする。そして喜美子と八郎は武志が絵本に書き込んだことばから、いつもと変わらない日を過ごしたいという武志の願いを知る。(「スカーレット」公式サイトより)

(C)NHK
advertisement

「スカーレット」第23週のネット上での評価

 ネット上での「スカーレット」第23週の評価は、ポジティブな内容のツイートが76.4%でした。

advertisement

第23週最大の盛り上がりポイントは3月14日放送の第138回。武志と真奈の筆談シーンが話題に。

 スカーレット第23週は、もっとも盛り上がったシーンは、3月14日土曜日に放送された第138回。武志は白血病になったことをみんなに打ち明け、闘病の決意を固めます。ある夜、そんな武志の病室を訪れた真奈。そこで描かれた筆談シーンに、多くの視聴者は胸を熱くしました。

advertisement

喜美子と八郎元夫婦のやり取りに癒やされる人続出

 武志は検査入院中、八郎から贈られたジョージ富士川の絵本に触れ、病気のことをみんなに打ち明け、みんなに会いたいという気持ちに気づきます。病室には連日、百合子と信作、そして大野夫妻、照子の家族など、さまざまな人たちが訪れます。そんな病院の訪問風景に「病室を秒で退室して戻ってきた信作の笑顔、可愛いオブ・ザ・イヤー」「トシャール(敏春)が持ってきたフルーツバスケット。バナナだけ多すぎ」「昔の病院は果物もお花も差し入れ自由なんだよね…今はダメだもんね」など、思い思いの感想が見られました。

 また、喜美子と八郎がそろって見舞いに訪れていた夜の出来事。武志の下に真奈が訪れたことから、忙しなく退室しようとする八郎と、何も気づかず居座ろうとする喜美子のコミカルなやり取りに「元夫婦だけどコンビのような。癒し」「小声の元夫婦たのしい」「気が利く父と気が利かない母」など、緊迫したシーンの中で癒やしを得た人が多かったようです。

advertisement

甘酸っぱい……真奈の筆談

 喜美子と八郎が帰ったあとの病室では、お互いに意識し合う武志と真奈による、静かな会話が始まります。メモ帳に「大丈夫?」と気づかいの言葉をつづる真奈に対し、書いて聞かんでもと声を出して返答する武志。この流れに「真奈ちゃんが筆談を選んだのは、いろいろ(理由は)あるけど、声を出すと涙をこらえきれないから、もあるような」「言葉に発するには恥ずかしいし勇気がいることも書けば伝えられる」といった感想がありました。

 さらに真奈による筆談は続き、逢いたかったと、自分の本心を丁寧に武志に伝えます。「キュンときた。キュートで そして切ないシーン」「会いたかったじゃなくて、逢いたかったなのがきゅん」と、多くの視聴者が、二人の優しい会話に反応しました。真奈の思いを受け、武志は自身の病気を告白すると、真奈は手をつないでもいい? と、ペンを走らせて返答します。これに対し、「手を握るのも許可をとる。昭和だなぁ~良いわー」「声に出すよりも文字で伝わる想い」と、心にグッと来きた人が続出しました。

advertisement

次週予告には懐かしの面々が

 スカーレット第23週は、毎日、多くのツイートが発信され、物語が佳境を迎えていることを感じさせました。その中で、多くの人が関心を寄せたシーンとして、次週予告が挙げられます。白血病治療のために奔走する喜美子の下に、かつて、喜美子がお世話になった大阪の面々が訪れることが判明したシーンに、「荒木荘時代の顔馴染み、さださんと圭介さんが久々に登場!」「一瞬だったけど、さださんと一緒にいたのって」「次週予告に希望の兆しが見えてほんの少しだけ、ほっとする土曜日」など、さまざまな声が見られました。

 スカーレットをずっと見続けている視聴者にとって、医大生であった圭佑の登場に白血病治療の希望を見出す人が多かったようです。また、次週予告内に登場した披露宴というワードに対し、「披露宴? もしかして……」「真奈(松田るか)は嫁に入ったのか?」「真奈ちゃんが川原姉妹おばちゃんたちと顔合わせしていたシーンが楽しみで楽しみで待ち遠しい」など、武志と真奈が結婚するのか? と想像する人が数多くいました。

advertisement

まとめ

 第23週のスカーレットは、武志の白血病を打ち明け、闘病の決意を決めるまでを主軸に描かれました。当初、病気のことは周囲に隠したいと希望した武志でしたが、父の八郎から贈られたジョージ富士川の絵本により、気持ちが変化。ゴリ押しの説得で、白血病のことを周囲に打ち明けるより、背中を押したものが八郎からの贈り物という流れに、父として見守る八郎の優しさを感じさせました。

今回紹介した「スカーレット 第23週『揺るぎない強さ』」はAmazonプライム・ビデオのNHKオンデマンドで視聴できます。

advertisement

次回は……

 スカーレット第24週、骨髄移植のドナーになれないことを知った喜美子と八郎でしたが、諦めることなく奔走します。喜美子の友人・知人、武志の友人、大阪時代の知人と多くの人が協力を申し出ます。そんな中、武志は真奈とのやり取りで、新しい陶芸のアイデアをひらめき、自身を励ますことに……。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.