おやつに常備しておきたい「ロッテのチョコレート」ランキングTOP16! 第1位は「ガーナ」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」の協力のもと、全国の男女を対象に「おやつに常備しておきたいロッテのチョコレート」というテーマでアンケートを実施しました。

 多くの人が「おやつに常備しておきたい」と回答したのは、どのロッテのチョコレートだったのでしょうか。さっそくランキングを見ていきましょう!

advertisement

おやつに常備しておきたい「ロッテのチョコレート」ランキングTOP16!

advertisement

第2位:アーモンドチョコレート

ロッテ アーモンドチョコレート 86g×10箱"

ロッテ アーモンドチョコレート 86g×10箱

2,090円(07/19 02:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第2位は「アーモンドチョコレート」。1983年に「アーモンドボール」として誕生したチョコレート菓子で、厳しい基準で選び抜いたアーモンドを、まろやかなミルクチョコとすっきりとしたビターチョコの2層で包んでいます。ローストされたアーモンドは香ばしい風味とカリッとした食感に仕上がっており、甘すぎないチョコとの相性も抜群。小分けされたシェアパックもあり、自宅や職場でのおやつにもうってつけです。

advertisement

第1位:ガーナ

ロッテ ガーナスリムパック 40g×10個"

ロッテ ガーナスリムパック 40g×10個

1,512円(07/19 02:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第1位は「ガーナ」でした。ミルクチョコレートの発祥地・スイスの味をコンセプトに、1964年に誕生した「ガーナミルク」を発端とするチョコレートシリーズです。現在では赤い箱でおなじみの「ミルク」のほか、ブラックやホワイト、リッチな味わいの「プレミアムガーナ」など、多彩な商品を展開しています。

 まろやかでとろけるような口どけや豊かなカカオ感は、原材料はもちろん製法にもとことんこだわって作りだされたもの。1994年から採用している箱型のパッケージは、持ち運びや保管にも便利で、ちょっとしたおやつとして常備しておくにもピッタリですよね。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「お菓子」のアクセスランキング