メディア

【シブがき隊】人気曲TOP30! 1位は「Zokkon 命」に決定!【2021年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2021年1月22日から2月18日までの間、ねとらぼ調査隊では、「あなたの好きなシブがき隊の曲はどれ?」というアンケートを実施しました。

 今回の投票は、なんとメンバーである布川敏和さんのブログでも取り上げていただきました! ご覧いただき、ありがとうございます! それでは結果を見てみましょう。

advertisement

第10位: 挑発∞ 、月光淑女!

 10位は「月光淑女!」 と「挑発∞」が同率ランクイン。「月光淑女!」はラテンのノリを思わせるアップテンポな曲です。「挑発∞」は歌の途中に、熱く愛を語る3人のセリフが耳に残ります。

第10位: 挑発∞ (画像は『Amazon.co.jp』より引用)
「Amazon.co.jp」から引用
第10位:月光淑女!(画像は『Amazon.co.jp』より引用)
「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第9位:処女的衝撃!

 続く第9位は、「処女的衝撃!」でした。1983年2月にリリースされた4枚目のシングル。特徴的なベースラインとギターソロが際立つハードロック歌謡です。「Shock! Shock! Shock!」というシャウトは一度聞いたら忘れられません。

advertisement

第8位:NAI・NAI 16

 第8位は「NAI・NAI 16」がランクイン。シブがき隊の記念すべきデビューシングルです。デビュー曲らしいみずみずしさに満ちた曲でありながら、「抱いてやるぜ」「世紀末が来るぜ」など、強気な歌詞が印象的でした。

advertisement

第7位:恋するような友情を

 第7位は「恋するような友情を」でした。解散を発表する直前にリリースした楽曲で、やさしいメロディーにのせて友情を歌った青春ソングです。歌詞は日本を代表する作詞家、故・阿久悠さんが担当しました。

advertisement

第6位:君を忘れない

 第6位は、ラストシングルとなった「君を忘れない」。明るいメロディーとは対照的な少し寂しげな歌詞は、メンバーやファンへのメッセージのようにも感じられます。

advertisement

第5位:100%…SOかもね!

 第5位は「100%…SOかもね!」。初出場となった第33回NHK紅白歌合戦での出場曲でもある2枚目のシングルです。恋が始まりそうな予感を表現する歌詞とビートがクセになります。

advertisement

第4位:KILL

 第4位は「KILL」でした。それまでのコミカルでポップな路線とは一線を画す曲で、大人の男の色気を感じさせます。「振り向けば不幸がひとつ増えるよ きっと」というフレーズは今でも心を揺さぶります。

advertisement

第3位:DJ in My Life

 第3位をマークしたのは「DJ in My Life」。得票数は106票、得票率は7.7%でした。

 「DJ in My Life」はカリフォルニア出身の歌手・アニーさんの曲をカバーした楽曲。コメント欄では「ヤッくんが腕を骨折して歌ってたのを思い出します」と、メンバーの薬丸裕英さんが大ケガをしながらもステージに立っていたことを懐かしむ声が見られました。

第3位:DJ in My Life(画像は『Amazon.co.jp』より引用)
「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第2位:100万粒の涙

  第2位は「100万粒の涙」がランクイン! 得票数は118票、得票率は8.5%でした。12枚目のシングル「べらんめぇ!伊達男」に収録されているナンバー。結婚してしまう愛しい人への切ない心情を見事に表現しています。

 コメント欄では「100万粒の涙を夜ヒットで披露しながらやっくんが涙したことを当時小学生ながら未だに鮮明に記憶しております」と、当時の人気音楽番組「夜のヒットスタジオ」の思い出を振り返るコメントが寄せられていました。

advertisement

第1位:Zokkon 命

  そして第1位に輝いたのは「Zokkon 命」! 得票数は339票、得票率は24.5%とダントツの結果になりました。

 1983年に発売された5枚目のシングル「Zokkon 命」は、メロディーがとにかくダイナミックでカッコよく、コンサートでもライブでも盛り上がる名曲です。

 コメント欄には「全ての曲に思い入れがありますが、やっぱり、Zokkon 命です」「解隊コンサートのチケット取れなくて、会場の外で漏れてくる歌を聞いていました。最後のZokkon 命が聞こえてきたときは大泣きしました」といった声がありました。シブがき隊を象徴する名曲ですね。

熱いコメントが多数!

 コメント欄には「全部大好きな曲だけどコンサートに行ってファンコールを言って一体感を感じていました。今だに忘れられません」「私の青春です」など、当時の熱狂ぶりを感じさせる熱いコメントがたくさん寄せられました。

 解隊からすでに30年以上が経ちましたが、どれだけ月日が流れても、シブがき隊の魅力が色褪せることはありませんよね! たくさんの投票ありがとうございました!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「エンタメ」のアクセスランキング