メディア

楽しい学生生活を送れそうな「埼玉県の私立大学」ランキングTOP25! 第1位は「ものつくり大学」!【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」の協力のもと、全世代を対象に「楽しい学生生活を送れそうな埼玉県の私立大学」というテーマでアンケートを実施しました。

 多くの人から「楽しい学生生活を送れそう」と思われているのは、どの私立大学だったのしょうか。それではランキングを見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

楽しい学生生活を送れそうな「埼玉県の私立大学」ランキングTOP25

advertisement

第2位:獨協大学

画像:獨協大学

 第2位は、得票率11.2%の獨協大学です。埼玉県草加市に本部を置く獨協大学は、1883年に創立された獨逸学協会学校を起源とする私立大学で、1964年に開学しました。「大学は学問を通じての人間形成の場である」を建学の理念とし、外国語教育を重視。複雑な国際情勢に対処できる、国際的な視野に立つ教養人の育成を目標としています。

 外国語教育や国際交流、少人数教育が特徴の獨協大学は、全学生が4年間1つのキャンパスで学ぶオールインキャンパスであるため、学部や学科の枠を超えて他人と交流ができます。また、さまざまな国際交流活動に取り組んでいて、1年間を基本とした長期留学制度や4~5週間の短期留学制度など、留学プログラムも充実しているため、海外の人と接する機会が多いところもポイントです。

advertisement

第1位:ものつくり大学

画像:ものつくり大学

 第1位はものつくり大学。得票率は21.2%です。埼玉県行田市に本部を置く私立大学で、2001年に設立。実学を重視しており、実際に物に接し、体得し、問題を発見し、自らその解決方法を見いだし、自ら企画して製作するというプロセスを重視しています。基本的技能と「ものつくり魂」を基盤に、そこに技術の知識とマネジメント能力、感性と倫理観をそなえた人材の育成を目指しています。

 充実した実習や実験、演習に、理論を加えた融合型カリキュラムが特徴。授業の6割が実習や実験で、実習では各界のプロやエキスパートが指導を行います。最新鋭機器や設備、企業で使われている最新ソフトなど環境も充実していて、就職に強い点もポイントです。また、キャンパス内に冷暖房完備、家具付きの学生寮も備え付けられており、格安で入寮できるなど充実した学生生活が送れる環境が整っています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「大学」のアクセスランキング