メディア

【仮面ライダー】昭和ライダー人気ランキングTOP15! 第1位は「仮面ライダー1号」に決定!【2021年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2021年2月20日から3月5日まで、ねとらぼ調査隊では「あなたの好きな昭和仮面ライダーは?」というアンケートを実施していました。

 投票対象は、昭和の時代に放送されていた「仮面ライダーシリーズ」に登場した、15体の仮面ライダー。なお、「BLACK」と「RX」は別のライダーとしてカウントしました。

 今回のアンケートでは、総数4457票もの得票をいただきました。ありがとうございます! それでは、結果を見てみましょう。

advertisement

第10位:スカイライダー

 第10位は、「スカイライダー」でした。得票数は182票、得票率は4.1%となっています。

 1979年に放送されたシリーズ第6作。正式な番組名は1作目の「仮面ライダー」と同じですが、登場するのは主人公・筑波洋が変身する新たなライダー「スカイライダー」です。

 その名前の通り、空を飛べる飛行能力をそなえているのが最大の特徴。また、彼が繰り出す空中殺法は数多く、全部で99種類あるとのこと。劇中では、歴代7人のライダーたちとの特訓によりパワーアップしました。

第10位:スカイライダー(画像は『Amazon.co.jp』より引用)
画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第9位:仮面ライダーX

 第9位は、「仮面ライダーX」でした。得票数は187票、得票率は4.2%となっています。

 1974年に放送されたシリーズ第3作「仮面ライダーX」。主人公の神敬介は悪の組織・GOD機関により命を落とします。その後、父の改造手術によって、海底1万メートルの水圧にも耐える強さを持つ深海開発用改造人間として復活。“Xライダー”に変身し、GOD機関と戦います。

 鞭や杖、縄のような形状に変化する専用武器“ライドル”を駆使して戦うのが大きな特徴。また、アポロガイストという好敵手の存在や、巨大なロボットである大幹部キングダークなど、敵キャラクターも非常に印象的でした。

第9位:仮面ライダーX(画像は『Amazon.co.jp』より引用)
画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第8位:仮面ライダースーパー1

 第8位は、「仮面ライダースーパー1」でした。得票数は209票、得票率は4.7%となっています。

 1980年から1981年にかけて、全48話が放送された「仮面ライダースーパー1」。惑星開発用改造人間の被験者に志願した科学者・沖一也が「スーパー1」というコードネームを与えられ、改造手術を受けます。5つの能力を使えるファイブハンドと赤心少林拳を駆使して戦います。

第8位:仮面ライダースーパー1(画像は『Amazon.co.jp』より引用)
画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第7位:仮面ライダーストロンガー

 第7位は、「仮面ライダーストロンガー」でした。得票数は259票、得票率は5.8%となっています。

 1975年に放送された仮面ライダー。親友の仇のために秘密組織・ブラックサタンと戦います。コメントでは「デルザー軍団との死闘、盟友タックルの死、強化改造による超電子の技、7人ライダー集結……クライマックスに向けて怒涛の展開で、最も印象深かった」といった声が寄せられていました。「荒木しげるさんがカッコよかった!」と、主人公の城茂を演じた荒木しげるさんを評価する声も。

第7位:仮面ライダーストロンガー(画像は『Amazon.co.jp』より引用)
画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第6位:仮面ライダーアマゾン

 第6位は、「仮面ライダーアマゾン」でした。得票数は304票、得票率は6.8%となっています。

 1974年から1975年にかけて放送された「仮面ライダーアマゾン」。ジャングルで育った野生児・山本大介が変身する仮面ライダーで、噛みつきやひっかきといった野性的なアクションが大きな話題を呼びました。コメントでは「アマゾンは衝撃を受けた」「フィニッシャーがキックじゃないのもいい」といった声が寄せられていました。

第6位:仮面ライダーアマゾン(画像は『Amazon.co.jp』より引用)
画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第5位:仮面ライダー2号

 第5位は、「仮面ライダー2号」でした。得票数は335票、得票率は7.5%となっています。

 初登場は、1971年7月3日に放送された「仮面ライダー」の第14話。一文字隼人が変身する2人目の仮面ライダーで、「力の2号」と呼ばれており、パワーを活かした戦いを得意としています。

 仮面ライダーといえば、それぞれに異なる変身ポーズですが、2号から始まったのは有名ですよね。コメント欄でも「初めて変身ポーズを決めた2号がいるからこそ、今も仮面ライダーシリーズが続いていると思う」など、現在のシリーズにも受け継がれている変身ポーズを生み出した点を高く評価する声が寄せられていました。

第5位:仮面ライダー2号(画像は「Amazon.co.jp」より引用)
画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第4位:仮面ライダーBLACK

 第4位は、「仮面ライダーBLACK」でした。得票数は524票、得票率は11.8%となっています。

 1987年から1988年にかけて放送された「仮面ライダーBLACK」。演じたのは倉田てつをさんです。これまでのライダーと異なり、マフラーやブーツなどの装飾をなくし、生物とテクノロジーが融合したかのようなデザインが特徴的。また、BLACKと深い因縁をもつ宿敵・シャドームーンという人気キャラクターも誕生しました。

第4位:仮面ライダーBLACK(画像は『Amazon.co.jp』より引用)
画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第3位:仮面ライダーBLACK RX

 第3位は、「仮面ライダーBLACK RX」でした。得票数は547票、得票率は12.3%となっています。

 本作は1988年から1989年に放送されました。リボルケインという武器を駆使して戦ったり、銃を使う「ロボライダー」や体を液状化できる能力を持つ「バイオライダー」にフォームチェンジしたりと、それまでのライダーとは異なる画期的な設定が盛り込まれ、後の平成ライダーシリーズにも大きな影響を与えました。

 コメントでは「リボルケインカッコよかった」「ロボライダーやバイオライダーに強化変身した時は感動した」といった声が寄せられていました。

第3位:仮面ライダーBLACK RX(画像は『Amazon.co.jp』より引用)
画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第2位:仮面ライダーV3

 第2位は、「仮面ライダーV3」でした。得票数は668票、得票率は15.0%となっています。

 1973年から1974年に放送された「仮面ライダーV3」。名前は「勝利(Victory)」の「V」とライダー「3」号を合わせた意味を持っており、技の1号と力の2号、2人の仮面ライダーの能力を受け継いでいます。

 コメントでは「仮面ライダーなのに明るい色なのが印象的だった」といった声が寄せられていました。また、風見志郎を演じた宮内洋さんを評価する声も非常に多く見られました。

第2位:仮面ライダーV3(画像は『Amazon.co.jp』より引用)
画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第1位:仮面ライダー1号

 第1位は、「仮面ライダー1号」でした。得票数は962票、得票率は21.6%となっています。

 言わずと知れた初代仮面ライダー。1971年から1973年にかけて放送されました。悪の秘密結社ショッカーに拉致され改造人間となった本郷猛が変身し、正義のために戦います。当初はベルトに風圧を受けて変身していました。「ライダーキック」をはじめ、「ライダーきりもみシュート」や「サイクロンクラッシャー」など“技の1号”という異名の通り、豊富な必殺技をもちます。

 コメントでは「初めて見たときに衝撃を受けた」「色褪せないデザイン」といった声が寄せられており、初期デザインが好きとの意見が多く寄せられていました。

第1位:仮面ライダー1号(画像は『Amazon.co.jp』より引用)
画像は「Amazon.co.jp」より引用

 国民的ヒーロー、仮面ライダー。その歴史を築いてきた昭和ライダーたちの雄姿は、今なお多くの人の心に残っています。全順位は次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.