メディア

【大滝詠一】40周年を迎えた歴史的名盤「A LONG VACATION」で好きな曲はどれ?【アンケート】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1970年代を中心に活躍したバンド「はっぴいえんど」は、細野晴臣さんや松本隆さん、鈴木茂さんなど後の日本の音楽に大きな影響を与えた名アーティストが所属していました。大滝詠一さんもその一人であり、昭和の歌謡曲やアイドル楽曲などで大滝詠一さんの曲を聞いたことがあるという人も多いと思います。

 そんな大滝詠一作品の中で歴史的名盤とされている「A LONG VACATION(通称、ロンバケ)」は、1981年3月21日に発売され、2021年3月21日には40周年を記念した「A LONG VACATION 40th Anniversary Edition」が発売されるなど、今なお愛され続けています。ほとんどの楽曲を「はっぴいえんど」で共に活動した松本隆さんが作詞、大滝詠一さんが作曲した黄金タッグの名曲が揃っています。

 本記事では、「『A LONG VACATION』収録曲の中であなたが最も好きなのは?」というアンケートを実施します。名曲しかない中であなたが一番好きな曲に投票してください。

画像は「ソニーミュージック」公式サイトより引用

 それでは一部ですが、ロンバケの楽曲を紹介していきます。

君は天然色

 「君は天然色」は三連符が特徴的で、「くちびるつんと尖らせて」という歌い出しと切ない歌詞、青く透き通った夏を感じさせるメロディは、一度聞いたら忘れられない名曲です。何度もCMソングに起用されるほどの人気曲で、多くのアーティストがカバーしています。2020年にはテレビアニメ「かくしごと」のエンディングテーマとして使用され、原作者である久米田康治さんは「ロンバケ・コラボポスター企画」にも参加しました。

画像は「かくしごと」公式サイトより引用
advertisement

カナリア諸島にて

 アルバムタイトルにもなっている「ロングバケーション」をイメージさせる「カナリア諸島にて」。カナリア諸島とは、モロッコの西に浮かぶスペイン領の群島のことで、松本隆さんがイメージで作詞しました。サビもまた素敵ですが、一番掴まれるのは歌い出し。「薄く切ったオレンジをアイスティに浮かべて」という、ゆったりとした時間が流れていくようなメロディと歌詞、歌声がマッチしています。こちらも多くのアーティストにカバーされている名曲です。

advertisement

Pap-pi-doo-bi-doo-ba物語

 「Pap-pi-doo-bi-doo-ba物語」はロンバケで唯一作詞を大滝詠一さんが務めており、「ドゥーワップ」をシンセサイザーで打ち込んであり、元々はCMソングとして作られた楽曲を合わせ、1曲になっているそうです。後にゴスペラッツ(ラッツ&スターとゴスペラーズによるユニット)がカバーしており、こちらも聞きごたえ抜群です。

advertisement

雨のウェンズデイ

 「雨のウェンズデイ」はシングルカットされた「恋するカレン」のB面にも収録されました。細野晴臣さん、林立夫さん、鈴木茂さん、松任谷正隆さんなど、はっぴいえんど時代のメンバーが収録に参加しており、はっぴいえんどの匂いが色濃く感じられる曲です。恋人といる日常の倦怠感、気だるさ、すみれ色の雨と水曜日。名曲です。

advertisement

恋するカレン

 「雨のウェンズデイ」は「恋するカレン」が発売された後、A面とB面を逆にして再シングルカットされており、この2曲は大滝詠一楽曲の中でも特に好きだという人も多いのではないでしょうか。イントロのピアノは、軽やかな響きから重厚な音でAメロに移り、「キャンドルを暗くして」と歌い出されると、古い恋愛映画を見ているかのような、まどろみにも似た歌詞に魅了されます。

 ということで、「A LONG VACATION」から数曲を紹介してきました。大滝詠一さんの心に染み入る曲と、松本隆さんの“情景”が浮かぶ歌詞により、長い間、幅広い世代から聞かれ続ける名曲となっているのだと思います。現在20代半ばの筆者が高校生のころ、2011年に販売された「A LONG VACATION 30th Edition」で大滝詠一さんの楽曲にハマったように、今回販売される「40th Anniversary Edition」で、大滝詠一さんの作品に触れて、聞く人が増えるのではないでしょうか。

 それでは、下のアンケート欄から、あなたが一番好きな「A LONG VACATION」に投票してください。

advertisement

アンケート

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.