メディア

【マクロスシリーズ】歌姫人気ランキングTOP11! 「シェリル」「ランカ」に続く第3位となったのは?【2021年最新結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2月7日から2月20日までの間、ねとらぼ調査隊では「あなたが好きなマクロスシリーズの歌姫は?」というアンケートを実施していました。

 マクロスシリーズは、ロボット・恋愛・歌、3つの要素を組み合わせたSFアニメの金字塔として、大人気の作品です。作中で活躍する歌姫は心に響く名曲を数多く生み出し、現実世界においても絶大な支持を得ています。そんなマクロスシリーズの歌姫で、もっとも支持を集めたのは誰だったのでしょうか?

 今回のアンケートでは、計7043票もの投票をいただきました。ご投票に参加して頂いた皆さま、ありがとうございます。

画像は「マクロス公式Twitter」より引用

第10位:レイナ・プラウラー

 第10位はレイナ・プラウラー。「マクロスΔ」に登場する音楽ユニット・ワルキューレのメンバーです。エメラルドグリーンのショートヘアがトレードマーク。凄腕のハッカーとして味方をサポートします。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第9位:マキナ・中島

 第9位はマキナ・中島。レイナ・プラウラーと同じく、ワルキューレに所属しています。レイナと仲が良く同じ部屋で暮らしています。メカニックとしても活躍するキャラクターです。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第8位:シャロン・アップル

 第8位はシャロン・アップル。OVA作品「マクロスプラス」に登場するバーチャルアイドルです。楽曲の雰囲気に合わせ、自由自在に姿かたちを変えられる歌姫。当初は自我のないアイドルでしたが、感情面をコントロールしていたミュン・ファン・ローンの意識から影響を受け、シャロン・アップル事件を引き起こします。

advertisement

第7位:フレイア・ヴィオン

 第7位はフレイア・ヴィオン。「マクロスΔ」のヒロインの1人です。ワルキューレの活動に憧れを抱き、故郷を出発しました。持ち前の明るさと粘り強さで、幾多の困難を乗り越えていきます。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第6位:ミレーヌ・ジーナス

 第6位はミレーヌ・ジーナス。「マクロス7」に登場する勝気な少女です。「超時空要塞マクロス」に登場するマクシミリアン・ジーナスの娘です。Fire Bomberのボーカル兼ベースを担当しており、両親の天才的なバルキリー乗りの才能を受け継いでいます。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第5位:美雲・ギンヌメール

 第5位は美雲・ギンヌメール。「マクロスΔ」において、ワルキューレの絶対的エースとして活躍します。ユニット内ではとくに歌の力が強く、その特異的な能力を自覚し、猛威をふるう奇病「ヴァールシンドローム」に対抗しました。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第4位:カナメ・バッカニア

 第4位はカナメ・バッカニアでした。「マクロスΔ」のキャラの1人、ワルキューレのメンバーを束ねるリーダー。美雲が所属する以前はエースを務めていました。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第3位:リン・ミンメイ

 第3位はリン・ミンメイです。得票数は1018票と、全体の14.5%の票を獲得して3位にランクイン。リン・ミンメイはマクロスシリーズ第1弾にあたる「超時空要塞マクロス」に登場し、 のちのマクロスシリーズにも、さまざまな形で関わっている伝説の歌姫です。

 アニメ終了から約1年後に公開された劇場版「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」は、完全新作としてテレビアニメとは違うストーリーが繰り広げられました。特に作中でリン・ミンメイが歌った楽曲「愛・おぼえていますか」は、映画の盛り上がりと比例して現実世界でも大ヒット。後のマクロスシリーズに大きな影響を与えている人物です。

 寄せられたコメントには、「歌姫となるとやっぱりミンメイ!超時空要塞世代なんで」「自分は初代世代なので当然ミンメイです」といった声がありました。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第2位:ランカ・リー

 第2位はランカ・リーです。得票数は1214票と、全体の17.2%の票を獲得して2位にランクイン。「マクロスF」のメインヒロインの1人、心優しい女子高校生です。もともと内気な性格のため、歌手や戦闘に不向きでしたが、憧れの存在であるシェリル・ノームの後押しを受け、過酷な戦場で歌を響かせます。

 なかでも異星人による暴動が起こる最中、ランカが自身の歌声で混乱を鎮めた第12話は、伝説のエピソードとしてファンの間で語り継がれています。その時に歌われた「星間飛行」は、マクロスFを代表する楽曲となっています。

 コメント欄を見ると、「ランカちゃんに出会わなければ、他のマクロスシリーズも見ることは無かった」「世代ではありませんが、ランカちゃん 星間飛行が大好きです」という熱い声が寄せられていました。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第1位:シェリル・ノーム

 第1位はシェリル・ノームでした! 得票数は2950票と全体の41.9%の票を獲得。2位のランカを大き突き放す、圧倒的な結果となりました。宇宙規模の人気歌手で、銀河の妖精という異名を持つシェリル。ピンクがかった金色のロングヘアをなびかせ、ときに可憐で無邪気、ときに妖艶で美しい歌姫でした。

 まるで女王様のように振る舞うこともありましたが、心を許したアルトには弱さや年相応の女の子らしさを見せます。そのギャップに魅力を感じた人は多いでしょう。また物語が進行していくことで、シェリルを取り巻く状況は大きく変化。その様子に心を打たれた人も多いはず。

 コメント欄では、「シェリルの凛とした強さの中にある儚げな女心が、たまらない」「初めて観た時。そして、最後まで物語性を通して観た後、私にはシェリルしか見えてませんでした」「May’nちゃんがシェリルでよかった…って、聴く度に思います」など、シェリルや、歌を担当したMay’nさんに寄せられた声が数多く見られました。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

コメント欄では……?

 コメント欄では圧倒的に「熱気バサラ」を押す声が多く見られました。バサラは「マクロス7」の主人公であり、ロックバンドFire Bomberのボーカル兼ギター、そして凄腕のパイロットでもあります。アプリゲーム「歌マクロス」では歌姫として分類されており、NHKの全マクロス大投票ではキャラクター総合2位に選ばれるほどの人気キャラクターです。

 今回は「歌姫」という縛りでアンケートを行ったため、バサラを含みませんでしたが、バサラを歌姫として認識している人も多いようです。

まとめ

 今回のアンケートでは、圧倒的な人気で「マクロスF」のヒロイン「シェリル・ノーム」が1位となりました。初代マクロスのヒロイン「リン・ミンメイ」は第3位という結果に。マクロスを通して、アニメ文化の盛り上がりが分かる結果となりました。すべてのランキングは、次のページで確認できます。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.