メディア

【マクロスシリーズ】歴代シリーズの歌姫で誰が好き?【人気投票】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1982年に放送された「超時空要塞マクロス」を皮切りに、時代を超えて支持され続けているマクロスシリーズ。各シリーズで話題になるのは、物語のテーマでもある「歌」、そして「歌姫」の存在です。マクロスシリーズでは、初代歌姫のリン・ミンメイなど多くの歌姫たちが銀河を救ってきました。

 そこで今回は、「あなたが好きなマクロスシリーズの歌姫は?」というアンケートを実施します。マクロスシリーズの大ファンだという人も、特定のシリーズにハマった人もぜひ、ご投票よろしくお願いします。

 それでは投票対象となる歌姫の中から、5人を紹介します。

リン・ミンメイ

 シリーズ第1作「超時空要塞マクロス」で登場した初代歌姫。当時、新人歌手であった飯島真理さんが声優を務めています。マクロスシリーズを通して、重要なポジションにいる伝説のディーヴァ。

 お人形のように従順なわけではなく、無邪気で等身大に振る舞う彼女は、新たなヒロイン像を生み出しました。代表曲は「愛・おぼえていますか」「私の彼はパイロット」など。

advertisement

ミレーヌ・ジーナス

 1994年に放送された、「マクロス7」に登場した歌姫で、ロックバンド「FIRE BOMBER」で、ベースとボーカルを担当している少女。声優は櫻井智さん(当時は桜井智さん)で、歌唱パートはチエ・カジウラさんが務めています。歌声はもちろん、天真らんまんなキャラクター性も魅力です。

マクロス7 Blu-ray Box Complete FIRE 2 (アンコールプレス版)"

マクロス7 Blu-ray Box Complete FIRE 2 (アンコールプレス版)

林延年, 桜井智, 菅原正志
133,200円(04/22 23:31時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

シェリル・ノーム

 2008年に放送された、「マクロスF」で登場した歌姫。声優は遠藤綾さん、歌唱パートはMay’nさんが担当しています。背が高く、セクシーな大人の魅力を持つトップシンガーであり、「銀河の妖精」とも呼ばれています。

 自信家なシェリルですが、時おり見せる繊細な一面はファンの心をわしづかみにしました。人気ソングは「射手座☆午後九時Don’t be late」「ダイアモンド クレバス」「ノーザンクロス」など。ランカと歌うアニメ後半のオープニング曲「ライオン」は、ストーリーも相まって印象的でした。

advertisement

ランカ・リー

 「マクロスF」に登場する歌姫であり、中島愛さんが声優・歌唱パートを務めています。シェリルとの出会いをきっかけに歌手を目指すようになったランカは、歌うことが大好きな少女。

 シェリルとは対照的に、身長は低めで幼ない印象です。人気ソングは「星間飛行」「『超時空飯店 娘々』CMソング」「アイモ」など。ストーリー進行上、もっとも立場や状況が変わったキャラクターでもあります。

advertisement

フレイア・ヴィオン

 2016年に放送された「マクロスΔ」に登場した歌姫であり、ヒロインのひとり。鈴木みのりさんが声優を担当しています。戦術音楽ユニット「ワルキューレ」に憧れていた彼女は、第3次オーディションを経てユニットに加入。イメージカラーは赤、「歌は元気」を決め台詞に大活躍します。

 メインでボーカルを務める「ルンがピカッと光ったら」「God Bless You」などが人気。キャラクター性に反して、過酷な宿命を背負っているのも魅力のひとつです。

advertisement

その他

 マクロスシリーズに登場した歌姫の中から、代表的な5人を紹介しました。投票対象には、OVAシリーズや「マクロスΔ」に登場する歌姫を含めた計11人をリストアップ。選択肢にない歌姫が好きという人は、「その他」への投票と、コメント欄にてキャラクター名を書き込んでください。

 それでは下記のアンケートより、ご投票よろしくお願いします!

advertisement

アンケート:あなたが好きなマクロスシリーズの歌姫は?

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.