メディア

【布袋寅泰】好きなオリジナルアルバムランキングTOP18! 第1位は「GUITARHYTHM」に決定!【2021年最新結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2021年2月9日から2021年2月22日までの間、ねとらぼ調査隊では「あなたが一番好きな布袋寅泰のオリジナルアルバムはどれ?」というアンケートを実施していました。

 布袋寅泰さんといえば、「BOØWY」のギタリストであり、日本を代表するミュージシャン、ギタリストでもあります。進化し続ける音楽と、布袋さんにしか刻めないビートは多くのファンをとりこにし続けています。

 今回のアンケートでは計1845票の投票をいただきました。たくさんのご投票、ありがとうございます! さっそく結果をチェックしていきましょう。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第10位:COME RAIN COME SHINE

 第10位は42票を獲得した「COME RAIN COME SHINE」です。リリースは2013年。イギリスに拠点を移してから初めて発表されたアルバムで、先行シングル「Don’t Give Up!」をはじめ12曲が収録されています。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第9位:GUITARHYTHM VI

 第9位は55票を集めた「GUITARHYTHM VI」です。2019年のアルバムで、「GUITARHYTHM」を冠する作品としては、前作の「V」からおよそ10年ぶりのリリースとなりました。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第8位:SUPERSONIC GENERATION

 第8位は76票を獲得した「SUPERSONIC GENERATION」。1998年にリリースされたアルバムで、ファンからは「SSG」と呼ばれることが多く、コメント欄にも「SSGが最高でした!」という声が寄せられました。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第7位:DOBERMAN

 第7位は81票を獲得した「DOBERMAN」です。リリースされたのは2003年で、作詞陣には俳優の豊川悦司さんやミュージシャン兼作家の町田康さん、芥川賞作家の吉田修一さんらが名を連ねています。コメント欄には「曲の幅が広いのに全体的に聴きやすくて好きなアルバムです」という声がありました。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第6位:GUITARHYTHM IV

 第6位は84票の「GUITARHYTHM IV」です。1994年のアルバムで、この1枚をもってソロデビュー以来続いた「GUITARHYTHM」プロジェクトにはいったんピリオドが打たれることになりました。コメント欄には「IVは特にヘビーなサウンドが大好きです!」という声が寄せられています。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第5位:SCORPIO RISING

 第5位は87票を集めた「SCORPIO RISING」です。2002年にリリースされたアルバムで、シングル曲「RUSSIAN ROULETTE」をはじめ数々のロックナンバーが収録されています。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第4位:King & Queen

 第4位は105票を獲得した「King & Queen」でした。1996年にリリースされた5枚目のアルバムで、歴代の作品の中でも大ヒットを記録しました。オリコン1位を獲得したシングル「スリル」や、メロディアスな「ラストシーン」が収録されています。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第3位:GUITARHYTHM II

 第3位は「GUITARHYTHM II」。獲得票数は171票で、全体の9.3%の票を獲得しました。

 前作から3年ぶりとなる1991年にリリースされたアルバムで、その間の布袋さんは吉川晃司さんとのユニット「COMPLEX」で活動していました。BOØWY時代のアルバム「BEAT EMOTION」と同名の楽曲を作成し、アルバムバージョンが収録されているなど、このアルバムに対する意気込みが感じられます。曲ごとにカラーが異なり、布袋さんの底知れぬセンスを感じずにはいられないアルバムとなっています。

 コメント欄には、「GUITARHYTHM IIのオープニングで、鳥肌が立ち、そこから布袋さんにはまりましたね」「『もう寄り道はやめた。ここから始める!』という気持ちが溢れんばかりの2枚組」という声が寄せられています。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第2位:GUITARHYTHM III

 第2位は「GUITARHYTHM III」でした。得票数は295票と、全体の16%の票を集め、第2位にランクイン。1992年にリリースされた3枚目のアルバムで、収録曲数はシングル「LONELY★WILD」をはじめ14曲。数々のロックナンバーを浴びるように楽しめます。

 コメント欄には「DIRTY STARはふとした時に無性に聴きたくなります」「どのライブも参戦してますが、IIIのライブが最高でした!」「UPSIDE-DOWNの衝撃が忘れられない」といった声がありました。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第1位:GUITARHYTHM

 第1位は「GUITARHYTHM」でした! 獲得票数は700票と、全体の37.9%の票を獲得。全体の4割弱の票が集中する圧倒的な大差で、第1位にランクインしました。

 1988年にリリースされたソロで初めてのアルバムです。すべての曲がアルバムのために書き下ろされたもので、さらに歌詞は全曲英語。新境地を感じさせるサウンドに心を奪われた人も多かったのでは。

 コメント欄には「やっぱファースト!ジャケットのインパクトや針を落とした瞬間のレジェンドからのジグジグよろしくなカモンの衝撃たるや、未だに聞いてます!」「Iはもう別格」「布袋といえば、やはりGUITARHYTHMシリーズ、その中でも今日まで聴き続けているのは1枚目」といった声が集まりました。

画像は「Amazon.co.jp」より引用

まとめ

 布袋さんがリリースしてきたオリジナルアルバムの中で、もっとも支持を集めたのは「GUITARHYTHM」という結果になりました。第2位の「GUITARHYTHM III」とは、400票以上の差がついたことからもその人気がうかがえます。

 ランキングの全順位は次のページから確認できます。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.