【男性が選ぶ】「この人がいるからNHKを見たい!」と思う「NHK東京アナウンス室の女性アナウンサー」ランキングTOP29! 第1位は「和久田麻由子」【2023年3月調査】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」の協力のもと、全国の男性を対象に「『この人がいるからNHKを見たい!』と思うNHK東京アナウンス室の女性アナウンサー」というテーマでアンケートを実施しました。

 なお、今回のアンケートは2023年3月末までに東京アナウンス室へ在籍していた女性アナウンサーを対象としています。全国の男性から特に支持されたのは誰だったのでしょうか。さっそくランキングを見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

アンケート実施日2023年3月16日
調査対象全国の男性
有効回答数316人
advertisement

【男性が選ぶ】「この人がいるからNHKを見たい!」と思う「NHK東京アナウンス室の女性アナウンサー」ランキング

画像:写真AC
advertisement

第2位:杉浦友紀

 第2位には同率で2人がランクイン。そのうちの1人が「杉浦友紀」さんです。もともとはバラエティ番組のADを志望していたという杉浦さんは、2006年にNHKへ入局しました。

 2023年6月現在で歴史系エンターテイメント番組「英雄たちの選択」や情報バラエティ番組「サンドどっちマンツアーズ」の司会を担当。 音楽好きという一面もあり、NHK-FMラジオの「今日は一日山下達郎三昧」でも進行を務めています。

advertisement

第2位:桑子真帆

 もう1人の第2位は「桑子真帆」さんでした。東京外国語大学卒の桑子さんは2010年にNHKに入社。2015年には人気番組「ブラタモリ」のアシスタントに抜てきされ、明るいキャラクターで人気となりました。

 2023年6月現在は「クローズアップ現代」 のキャスターを務め、タイムリーな時事問題を分かりやすく伝えています。バラエティから報道番組まで幅広く出演している桑子さんは、NHKを代表する女性アナウンサーとして活躍しています。

advertisement

第1位:和久田麻由子

 第1位は「和久田麻由子」さんでした。幼少期をアメリカのヒューストンで過ごし、大学は東京大学経済学部卒という経歴の持ち主。2011年にNHKへ入局すると、2014年には「NHKニュースおはよう日本」のメインキャスターに起用されました。

 2022年の夏に第1子を出産した和久田さんは、育休を経て2023年4月に「NHKニュース7」のキャスターとして復帰しました。「NHKのニュースといえば和久田アナ」と、親しみを感じている人も多いのではないでしょうか。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.