メディア

7日にも発令か? 「緊急事態宣言」に関するネット上の反応をAI分析しました

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、安倍晋三首相は4月7日にも緊急事態宣言を発令する見通しだと報じられています。

 ねとらぼ調査隊ではAIを用いてSNSを解析し、「緊急事態宣言」に関する4月5日、4月6日のTwitter上の反応を調べてみました。

 本記事はAI記者により自動生成しています。

advertisement

「緊急事態宣言」 のラベル別感情度合い

 まずは、この話題に関する人々の感情の傾向を示す【ラベル別感情度合い】を見てみましょう。感情は「喜び」「好き」「恐れ」「悲しみ」「怒り」の5つに分類されています。四角い形をしたマーカーは、各感情の度合いが大きいほど赤く大きく表示されます。

 4月5日に大きかった感情は「怒り」→「恐れ」の順でしたが、4月6日に大きかった感情は「恐れ」→「怒り」の順となり、「恐れ」の感情が増しています。

advertisement

「緊急事態宣言」のワードクラウド

  次に、この話題と一緒にどんな単語が発信されているかを表す【ワードクラウド】 を見てみましょう。単語は文字が大きいものほど多く発信されており、その話題に強く関係しています。単語の色は品詞を表しています。

 「緊急事態宣言」を中心に、5日には「ロックダウン」「休業」「東京都」「補償」「要請」などが、6日には「準備」「表明」「見通し」などの単語が並んでいます。

advertisement

「緊急事態宣言」の単語分類

 【単語分類】では、比較した2つのデータに出現する単語を、それぞれどちらに偏って出現しているかでグループ分けし、表にしています。グループ中の単語は出現頻度が多い順に並んでいます。

 5日によく出現している単語と6日によく出現している単語を見比べてみると、5日は「補償」「要請」「自粛」などの名詞(青色)が多いのに対し、6日は「良い」「遅い」「強い」などの形容詞(緑色)や、「言う」「思う」「分かる」などの動詞(赤色)がよく出現していることが分かります。

advertisement

「緊急事態宣言」の特徴語マップ

 【特徴語マップ】では、それぞれの単語がどちらのデータにより多く出現するか、またどれだけ特徴的であるかを2次元にマッピングしています。上寄りの単語はこのデータに特徴的なもの、下寄りの単語は一般的なものであることを示しています。

 2019年に特徴的な単語には「自粛」「要請」「補償」などが、2020年に特徴的な単語には「見通し」「表明」「準備」などがあります。

advertisement

「緊急事態宣言」のネガポジマップ

 【ネガポジマップ】では、それぞれの単語がどちらのデータにより多く出現するか、またその単語の意味がどれだけポジティブ・ネガティブであるかを2次元にマッピングしています。上寄りの単語はポジティブな意味を持ち、下寄りの単語はネガティブな意味を持ちます。

 5日のポジティブな単語には「早い」など、ネガティブな単語には「やばい」「感染」「なくなる」などが、6日のポジティブな単語には「頑張る」「いける」「正しい」など、ネガティブな単語には「遅い」「怖い」「おっかない」などがあります。

advertisement

単語の出現率

 【単語の出現率】では、出現回数の多い単語を選び出し、それらが2つのデータにおいてどれくらいの比率で出現するかをグラフにしています。

 5日と6日で差分が大きかったのは、名詞では「準備」「表明」「見通し」など、動詞では「入る」「向ける」「受ける」など、形容詞では「多い」「高い」「鈍い」などがあります。

advertisement

調査概要

調査期間2020年4月5日 , 2020年4月6日
調査対象Twitter
調査件数2000件(10%サンプリング)
調査キーワード緊急事態宣言
調査方法対象期間のTweetを「 AIテキストマイニング by ユーザーローカル 」によるテキストマイニングにより分析
備考なし

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.