メディア

【ガンダム00】乗ってみたいMS・MA人気ランキングTOP53! 第1位は「ダブルオークアンタ」に決定! 【2021年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2021年2月11日から2021年2月25日までの間、ねとらぼ調査隊では「乗ってみたい『ガンダム00』のMS・MAは?」というアンケートを実施していました。

 今回のアンケートでは、計2918票の投票をいただきました。たくさんのご投票、ありがとうございます!

 西暦2307年の地球を舞台とし、“武力による戦争の根絶”を掲げる組織・ソレスタルビーイングに所属する“ガンダムマイスター”たちの活躍を描いた作品「機動戦士ガンダム00」。ソレスタルビーイングのガンダムをはじめ、さまざまな陣営に所属するモビルスーツが多数登場する中で、もっとも多くの人が乗ってみたいと思った機体はなんだったのでしょうか。結果を見ていきましょう!

画像は「Amazon.co.jp」より引用

第10位:グラハム専用ユニオンフラッグカスタムII(GNフラッグ)

 第10位は「GNフラッグ」でした。ユニオンのエースパイロットであるグラハム・エーカーの愛機、ユニオンフラッグカスタムに擬似太陽炉を搭載したことで機動性を大幅に向上させた機体。半面、もとの設計を無視して無理に疑似太陽炉を搭載させたため機体バランスを大きく欠くことに。そんな機体を乗りこなすグラハムの技量はさすがというべきでしょう。

画像は「機動戦士ガンダム00公式サイト」より引用
advertisement

第9位:ガンダムヴァーチェ

 第9位は「ガンダムヴァーチェ」でした。ソレスタルビーイングのティエリア・アーデが搭乗するガンダム。艦隊戦や要塞攻略戦などを想定して開発されたため、他のガンダムに比べてかなり重武装です。外装を外すことで、軽装型の機体「ガンダムナドレ」へと変化します。

画像は「機動戦士ガンダム00公式サイト」より引用
advertisement

第8位:アルケーガンダム

 第8位は「アルケーガンダム」でした。主人公・刹那の宿敵である傭兵、アリー・アル・サーシェスのために、彼の雇い主であるリボンズがガンダムスローネツヴァイを基に開発した機体です。計10基ものGNファングを搭載しており、サーシェスはこれを自在に操ることができます。

画像は「機動戦士ガンダム00公式サイト」より引用
advertisement

第7位:ケルディムガンダム

 第7位は「ケルディムガンダム」でした。ソレスタルビーイングのロックオン・ストラトスの搭乗機だったガンダムデュナメスの発展機。基本性能が向上したほか、攻撃力や命中精度がより高まっています。

画像は「機動戦士ガンダム00公式サイト」より引用
advertisement

第6位:ガンダムキュリオス

 第6位は「ガンダムキュリオス」でした。ソレスタルビーイングのアレルヤ・ハプティズムが登場するガンダムで、可変機構を有することが最大の特徴の機体。汎用性の高いMS形態と飛行形態を状況に応じて使い分けながら戦うことができます。

画像は「機動戦士ガンダム00公式サイト」より引用
advertisement

第5位:リボーンズガンダム

 第5位は「リボーンズガンダム」でした。本来はガンダムタイプを主力機、キャノンタイプを支援機とする2機運用が想定されていましたが、誰もあてにしないリボンズの意向により、2機の機能が一つに集約された機体となりました。その結果、状況に応じて白兵戦を得意とする「ガンダムモード」と砲撃戦に長けた「キャノンモード」に変形して戦います。

画像は「機動戦士ガンダム00公式サイト」より引用
advertisement

第4位:ガンダムデュナメス

 第4位は「ガンダムデュナメス」でした。ソレスタルビーイングが所有する第3世代ガンダムの一機で、マイスターはロックオン・ストラトスことニール・ディランディ。彼の口癖でもある「狙い撃つ」という言葉の通り、遠距離からの狙撃を最も得意とする射撃特化の機体です。

画像は「機動戦士ガンダム00公式サイト」より引用
advertisement

第3位:ガンダムエクシア

 第3位となったのは、主人公である刹那・F・セイエイの最初の愛機、ガンダムエクシアでした。得票数は205票となっています。

 ソレスタルビーイングが所有する第3世代ガンダムの一機で、対ガンダム戦を想定して開発された格闘特化の機体です。機体性能を向上させる特殊なシステム「トランザム」が搭載されており、トランザム中は防御力や推進力、出力といったあらゆる性能が飛躍的に高まります。

画像は「機動戦士ガンダム00公式サイト」より引用
advertisement

第2位:ダブルオーライザー

 第2位にはダブルオーライザーがランクイン。得票数は391票でした。

 ダブルオーライザーは、エクシアの後継機として刹那が搭乗するダブルオーガンダムと、支援機であるオーライザーが合体した機体です。オーライザーと合体したことで、2基の太陽炉を用いたツインドライヴシステムを安定して稼働できるようになりました。さらに、トランザムすることで機体の量子化や、脳量子波の伝播を可能にするなど、人知を超えた「トランザムライザー」という状態に変化します。

画像は「機動戦士ガンダム00公式サイト」より引用
advertisement

第1位:ダブルオークアンタ

 そして、第1位となったのは、ダブルオークアンタでした。得票数は471票となっています。

 ダブルオークアンタは劇場版に搭乗した機体で、純粋種のイノベイターへと覚醒した刹那の反応速度に対応するため、刹那専用機として開発されました。刹那の意向により、戦闘を行うことを目的とした機体ではなく、戦いを止めることを目的に開発されました。

画像は「劇場版 機動戦士ガンダム00公式サイト」より引用

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.