メディア

【読売ジャイアンツ】2010年以降の「巨人の4番打者」で最強は誰?【アンケート実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 プロ野球のセントラル・リーグに所属する「読売ジャイアンツ(巨人)」は、これまで川上哲治さん、王貞治さん、原辰徳さん、松井秀喜さんなど、日本を代表する4番打者を数多く輩出。同じ4番打者でも、それぞれバッティングの特徴は異なり、個性あふれる選手が揃っていました。

 そこで今回は「2010年以降の巨人の4番打者で、最強だと思うバッター」のアンケートを実施します。投票対象は2010年以降に4番を務めた19人の選手です。

 それではアンケートの前に、4人の選手を紹介します。

advertisement

阿部慎之助

 2001年に球団23年ぶりとなる新人捕手の開幕スタメンデビューを果たした阿部慎之助さんは、2007年から主将を任され、同時に4番打者を担うことになりました。2019年の引退までに8度のリーグ優勝、3度の日本一を経験するなど、まさに球団を代表する存在でした。

 柔らかく強靭な筋肉から繰り出される強打で本塁打を量産し、2012年には首位打者・打点王・最高出塁率のタイトルを獲得するなど、長期にわたって活躍を見せた日本球界にとっても特別な存在です。

画像は「読売ジャイアンツ」公式サイトより引用
advertisement

アレックス・ラミレス

 「ラミちゃん」の愛称で親しまれたアレックス・ラミレスさんは、2008年から巨人でプレー。2010年には全試合4番でスタメン出場し、49本塁打、129打点とキャリアハイを記録する活躍を見せました。

 来日直後は引っ張るバッティングが目立ちましたが、その後は幅広い球種とコースに対応できる巧みな打者として知られました。またコミカルなキャラクターと愉快なパフォーマンスでも愛されましたね。

advertisement

長野久義

 長野久義さんは、2010年に巨人へ入団。都市対抗野球時代に磨いた鋭い打撃と堅守で、その年の新人王を獲得しました。2011年にはラミレスさんの後を継いで4番に入り、チームをけん引。首位打者とサヨナラ賞を受賞するなど活躍しました。

 ヘッドスピードの速いバッティングが特徴で、ヒットゾーンも広く、ボールを広角にさばく技術も見事でした。その柔軟性を買われてか、さまざまな打順で起用されました。

advertisement

村田修一

 2012年から巨人でプレーし、76代目の4番打者も務めた村田修一さん。応援歌にも登場したパワーが魅力の一方、広角に打ち分ける技術も持っている長距離砲として活躍しました。またゴールデングラブ賞を3度受賞するなど、守備の安定感にも定評がありました。

 選択肢には、2010年以降に巨人で活躍した4番打者17人をピックアップしています。あなたが最強だと思う選手に投票してください。また「この選手のここがすごい、ここが好き」といったコメントもお待ちしています!

advertisement

アンケート

2010年以降の巨人の4番打者で最強は誰?
合計:574票
実施期間:2021/04/27 00:00 〜 2021/05/10 00:00
投票は締め切りました

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.