メディア

【週3日稼働】「フリーランス・副業案件の職種別月収」ランキングTOP15! 第1位は「データサイエンティスト」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 フリーランス・複業・副業の求人マッチングサービス「SOKUDAN」(ソクダン)を運営するCAMELORSは、SOKUDANに掲載されたフリーランス・副業案件のうち、週3日案件に限定した時給・月収・年収を職業別ランキングとして公開しました。

 本記事では、ランキングから「週3日稼働 フリーランス・副業案件の職種別月収」を紹介します。それでは結果を見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

調査期間2019年7月~2023年6月
調査対象SOKUDANに掲載された求人案件(一部抜粋)の単価と稼働時間から平均時給を計算し、その平均時給から1日8時間、週3日稼働で想定月収と想定年収を試算
対象案件数1451件

(出典元:CAMELORS「週3日稼働案件の職種別月収ランキング」

advertisement

第2位:iOS/Androidエンジニア(67万円)

画像:写真AC

 第2位は「iOS/Androidエンジニア」です。時給換算で6661円、週3稼働での月収は67万円、年収は806万円となりました。

 iOS/Androidエンジニアとは、その名の通り、iOSもしくはAndroidが搭載されたスマートフォン用のアプリケーションを開発するエンジニアです。OSによって差はありますが、iOS/Android上で起動するネイティブアプリやWebアプリ、場合によってはアプリに必要なサーバ・インフラの構築や運用まで行うこともあります。

 コーディングやテストが業務の中心となることも多く、環境によって使用される開発言語も異なるため、幅広い知識とスキル、何よりiOS/Androidの理解が必要です。経験や即戦力を求められることの多い職種ですが、需要の高い職種であるため、時給が高くなっているのではないでしょうか。

advertisement

第1位:データサイエンティスト(72万円)

画像:写真AC

 第1位は「データサイエンティスト」です。時給換算で7137円、週3稼働での月収は72万円、年収は863万円となりました。

 データサイエンティストとは、ビッグデータの分析や統計学を用いて、課題の洗い出しや優先付け、目標の明確化など事業戦略に貢献する職種です。統計学や開発言語の知識をはじめ、企画力やデータサイエンスに関する能力など、さまざまな専門知識やスキルを必要とする職種で、常に自己研さんが求められます。

 需要が高まっている職種で、国内の国公立大学ではデータサイエンスに特化した学部なども設けられるようになってきました。幅広い知識とスキルが必要とされる職種だけに、評価が高まっているものと思われます。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.