メディア

トヨタが新型ハリアー発表! ネットでは「期待以上にかっこいい!」「エンブレムが変わったから違和感」などの声

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 4月13日、トヨタ自動車はスポーツ用多目的車(SUV)の「ハリアー」をフルモデルチェンジし、2020年6月ごろに発売する予定とTwitterで発表しました。

 ハリアーは1997年に登場した自動車で、これまで3種類のモデルが登場してきました。2020年に登場する新モデルは4代目となります。

 トヨタ自動車の発表から間もなくしてTwitterでは「新型ハリアー」がトレンド入り。ネットではどのような反応があったのかを見ていきましょう。

「トヨタ自動車」公式サイトより引用
advertisement

ネットではポジティブな反応が多数

 SNS分析ツールで「ハリアー」を解析した結果、ポジティブな反応が79.3%、ネガティブな反応が20.7%と分類されました。

 4月13日の13時ごろにトヨタ自動車の公式Twitterアカウントが発表したことで徐々に話題となり、ピークとなる16時には700件を超えるツイートが投稿されました。

advertisement

「期待以上にかっこいいぞ!」新型ハリアーに称賛の声

 新型ハリアーを見たネットユーザーは「ようやく解禁!デザインは期待以上にかっこいいぞ!」「現行のハリアーもかっこよくて好きやったけど、新型の方がもっとかっこいい」と、公開されたエクステリアを称賛する声が相次いでいます。

 また、エクステリアだけでなく「内装は落ち着いた? 感じがしますが、シートのヘッドレストの一体感がかっこいいです」と、インテリアを称賛する声も見られました。

advertisement

ハリアーを象徴するエンブレムはどこへ?

 ハリアーは英語で「チュウヒ」(鷹の1種)という意味で、初代からハリアーのエンブレムには鷹が採用されており、ハリアーの象徴となっていました。

 しかし、4代目の新型ハリアーは、フロントのエンブレムが鷹ではなくトヨタマークになっています。ハリアーの象徴ともいえるエンブレムが置き換わってしまったことに、ネットでは「エンブレムが鷹からトヨタマークに変わったから違和感が凄い」と、違和感を覚えるといった声が寄せられています。

 なお、公開されているエクステリアでは鷹のエンブレムを確認できませんでしたが、トヨタ自動車の公式サイトを確認すると、インテリアとしてドアパネルに鷹のエンブレムが刻印されていることが分かりました(参考:トヨタ ハリアー | 新型ハリアー登場 | トヨタ自動車WEBサイト)。

調査概要

調査期間2020年4月13日 ~ 2020年4月14日
調査対象Twitter
調査件数7077 件(10%サンプリング)
調査キーワードハリアー
調査方法対象期間のTweetを「SocialInsight」によるテキストマイニングにより分析
備考実数に近づけるため件数を100%に補正

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング