メディア

「天の川が写せるスマホカメラ」に驚き Google「Pixel 4」ネット上の反応は?

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 米Googleが10月15日(現地時間)に発表した新型スマートフォン「Pixel 4」「Pixel 4 XL」。数多あるAndroidスマホの中でもGoogle純正ブランドのPixelシリーズ新作とあって、注目度は非常に高いようです。

 カメラや発表されたばかりのPixel 4シリーズについて、ネット上の反応を調べてみました。

Pixel 4(左)とPixel 4 XL(右)
advertisement

ポジティブな反応が80%超

 「Pixel 4」発表後のユーザーツイートをSNS分析ツールで見てみたところ、80%超がポジティブな反応を示していました。特に多かったのは、同シリーズの大きな強みであるカメラ性能に関する内容です。

advertisement

「天の川をカメラで」に驚き

 Pixel 4では新たにデュアルカメラを搭載し、 1200万画素センサー/F1.7レンズのメインカメラと、 1600万画素センサー/F2.4レンズの望遠カメラを使い分けられるようになりました。いずれのカメラも光学式・電子式手ブレ補正機能を備えており、2つのカメラを使った「超解像ズーム」も利用できます。

 ユーザーが特に反応していたのは強化された「Night Shift」(夜景撮影)モードで、「条件が良ければ天の川など夜空の星も写せる」という説明に「スマホ手持ちでこれは変態すぎるでしょう」「一眼でもこんなの撮れたことないんだけど」「キャンプに良いかも」などの声が挙がっています。

 少し変わったところでは、「カメラがちゃんと四角の枠の中に収まっててかっこいい。丸い出っ張りがない」という感想も。カメラの出っ張りといえば近年のiPhoneシリーズに見られる(主に不評な)特徴ですが、性能だけでなく見た目も当然気になる……ということなのでしょう。

advertisement

「画面に触らずジェスチャーで操作」に期待と落胆の声

 続いて多かった反応は、新機能として搭載された「Motion Sense」に関するもの。画面上部に搭載したセンサーによって、画面に触れることなくジェスチャーのみで操作できるというこの機能は、料理中や食事中などにスマホを汚さず使用できる利点があります。

 ただし、この機能は日本をはじめとする一部の国では当初使用できない、ということが判明すると、一気に落胆の声が。日本での対応は2020年春頃を予定しているとのことです。

advertisement

eSIM対応、価格が安い……

 その他の意見としては、前モデルでは非対応だったeSIMに新たに対応したことや、同等のスペックの競合製品と比べて価格が安い(Googleストア価格はPixel 4が 8万9980円 ~、Pixel 4 XLが 11万6600円~)ことを喜ぶ声もありました。

advertisement

まとめ

 前モデルである「Pixel 3」や「Pixel 3a」の特徴だったカメラ性能をさらに強化し、メインメモリは4GBから6GBに、FeliCaやeSIMにも対応したフラッグシップモデルとして発表されたPixel 4シリーズ。予約は10月16日から、販売は24日からGoogleストアなどで購入できます。

「こんな星撮れんの‥‥…?!」Pixel 4に関する注目ツイート

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.