メディア

【24卒】「企業の就職ブランド」ランキングTOP20! 「自動車・機械・電気機器」の第1位は「ソニー」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 文化放送キャリアパートナーズは、2024年卒業予定の学生を対象とした「2024年入社希望者対象就職ブランド調査(後半)」の結果を発表しました。

 今回は、その中から「業種別(自動車・機械・電気機器)就職ブランド調査」ランキングを発表します。どの自動車・機械・電気機器メーカーが人気だったのでしょうか。さっそくランキングを見ていきましょう!

・当記事では、Twitter社が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてツイートを利用しています。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

調査期間2023年3月16日~6月30日
調査対象2024年春入社希望の「ブンナビ」会員 (現大学4年生、現大学院2年生)
有効回答数14207 (うち男子6993・女子7214/文系10241・理系3966)

(出典元:2024年入社希望者 就職ブランドランキング調査(後半)を発表

advertisement

【24年卒】「企業の就職ブランド」ランキングTOP20!

advertisement

第2位:パナソニックグループ

 第2位は「パナソニックグループ」でした。パナソニックホールディングスを中核とする企業グループで、家電などを製造販売するパナソニックや、電池製造などを行うパナソニック エナジーなど、9つの事業会社で構成されています。

 「パナソニック」では、新入社員研修をはじめとする各種研修のほか、リベラルアーツなどの無償eラーニングを提供するなど、教育制度が充実。また、「社内公募制度」や「社内複業制度」「キャリア&ライフデザインセミナー」など、入社後のさまざまなキャリアサポートも用意されています。

advertisement

第1位:ソニー

 第1位は「ソニー」でした。ソニーは、ソニーグループの中で、「エンタテインメント・テクノロジー&サービス」事業を担う会社です。1979年発売の「ウォークマン」の大ヒットなどで知られ、ゲーム機の「PlayStation」や、ロボットの「aibo」など、さまざまな製品を生み出してきました。

 そんなソニーでは、希望する部署やポストに応募できる「社内募集制度」や、業務時間の⼀部を別の仕事に充てることのできる「キャリアプラス制度」といった「挑戦を後押しする制度」を提供。また、研修・能力開発支援として、「新入社員研修」のほか、「語学研修」「グローバル研修」なども行われます。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「就職・転職」のアクセスランキング