メディア

「2023年夏ドラマをきっかけに好きになった俳優」ランキングTOP5! 第1位は「富栄ドラム」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 エンタメ情報Webマガジン「TVマガ」を運営するWonderSpaceは、俳優に関するWeb調査を実施し、その結果をランキング形式で発表しました。

 本記事で今回取り上げるのは「夏ドラマをきっかけに好きになった俳優ランキング」。今年の夏も話題作が多数ありましたが、夏ドラマを機にファンを増やした俳優は誰だったのでしょうか。さっそくランキングを見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

調査期間2023年9月20日〜2023年10月1日
調査対象10代~50代以上の男女(性別回答しないを含む)
有効回答数100人

(出典元:WonderSpace|夏ドラマをきっかけに好きになった俳優ランキングベスト5【100人へのアンケート調査】

advertisement

「2023年夏ドラマをきっかけに好きになった俳優」ランキング

advertisement

第2位:間宮祥太朗(真夏のシンデレラ)

 第2位は、月9ドラマ「真夏のシンデレラ」に出演した「間宮祥太朗」さんでした。

 本作は“真夏の海”を舞台に描かれた、みずみずしい直球のラブストーリー。間宮さんは森七菜さん演じるヒロイン・夏海を一途に想う「健人」を演じました。大事な用事を蹴ってでも夏海のところに駆けつけたり、夏海がつらいときには優しく寄り添ったりと、誠実な人柄が印象的でしたよね。

 回答者からは「元々演技力が高く熱い男のイメージを持っていましたが、今回、爽やかな純愛ものも似合っていて好きになりました」「スタイルが良くてイケメンなので昔から好きでしたが、ドラマでキレキレの演技を見て感動したことをきっかけに大好きになりました」「間宮君はヤンキーものに出るのがかっこよかったんですが、今回の恋愛ものも似合っていて、すごく魅力を感じました」との声が。新たな魅力でさらにファンを拡大しています。

advertisement

第1位:富栄ドラム(VIVANT)

 そして第1位は、ドラマ「VIVANT」に出演した「富栄ドラム」さんでした!

 ドラマで演じたのは、阿部寛さん演じる警視庁公安部の野崎の有能な相方「ドラム」役。声を出さないかわりに手元のスマートフォンの音声機能で意思疎通するというキャラクターでした。富栄さんは元々大相撲力士で、演技経験が少ないなか、ベテラン俳優に負けない存在感を発揮。視聴者の心をがっちりと掴みました。謎に包まれていたため「実は黒幕なのでは?」と考察されるなど、注目度の高いキャラクターでしたよね。

 回答者からは「存在感があるのと、なんといっても笑顔と頷きがかわいらしくて好きになりました」「番宣の際もそのキャラクターを守り続け、また勉強熱心な素顔があったり、実はバク転が得意とか、調べるごとに興味をそそられっぱなしです」「表情のみでの演技ではありましたが、喜怒哀楽を上手く顔や目の表情で表現していてとても良いと思いました。今後、他の役にも挑戦して欲しいし、応援したいです」との声が寄せられていました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「芸能人」のアクセスランキング