「日本テレビの男性アナウンサー」で好きな人は?【2023年版・人気投票実施中】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 1953年に民放第1号として放送を開始した日本テレビ(日テレ)は、バラエティーや情報番組、スポーツ番組など各部門で人気番組を保有し、高い視聴率をキープする放送局です。2023年10月末時点で、日テレには31人の男性アナウンサーが在籍。どのアナウンサーも番組の顔や進行役として人気を集めています。

 そこで今回は「『日本テレビの男性アナウンサー』で好きな人は?」というテーマでアンケートを実施。個性豊かで魅力的な人材のそろう日テレ男性アナの中で、好きな人は誰ですか? ここではまず、日本テレビに在籍している男性アナウンサーの中から3人を紹介します。

投票対象の選択肢は「日本テレビ公式サイト」を参照しています。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

上重聡

 2003年に日本テレビへ入社した上重聡さんは、高校・大学時代に野球選手として活躍した経験から、入社後は主にスポーツ中継を担当してきました。

 「ズームイン!!サタデー」の総合司会や「スッキリ」のサブ司会などを務め、2017年からは「シューイチ」のキャスターとして登場しています。また、現在は「DayDay.」のナレーションやスポーツ中継などを担当しています。

advertisement

平松修造

 平松修造さんは2015年に日本テレビに入社したアナウンサーです。新人時代には「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」の新人アナ密着企画に1年間出演しました。

 「ZIP!」や「news every.」のキャスターを担当し、2020年からは「バゲット」のMCとして活躍。ギターを趣味としていて、番組内の企画でギターの腕前を披露したこともあるのだとか。

advertisement

藤井貴彦

出典:Amazon.co.jp
伝わる仕組み 毎日の会話が変わる51のルール"

伝わる仕組み 毎日の会話が変わる51のルール

藤井 貴彦
1,420円(06/14 04:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

 藤井貴彦さんは1994年に日本テレビに入社した実力派のベテランアナウンサー。報道やスポーツ中継、バラエティーなど、幅広い分野の番組で活躍しています。

 2010年から現在まで「news every.」のメインキャスターとして出演。真摯な言葉で視聴者に向き合う姿勢などが支持され、2021年実施の第17回「好きな男性アナウンサーランキング(オリコン)」では、当時50歳にして初の1位を獲得するとともに、歴代最高齢での首位となりました。

advertisement

「日本テレビの男性アナウンサー」で好きな人は?

 ここまで、日本テレビで活躍している3人の男性アナウンサーを紹介しました。アンケート欄には、日本テレビに現在在籍している31人の男性アナウンサーをリストアップしています。その中から、あなたが好きな男性アナウンサーにぜひご投票ください!

参考

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.