メディア

【現役社会人が選んだ】企業からの評価が高いと思う「GMARCHと日東駒専の大学」ランキングTOP10! 第1位は「明治大学」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイトの「ボイスノート」協力のもと、現役社会人を対象に「企業からの評価が高いと思うGMARCHと日東駒専の大学」というテーマでアンケートを実施しました。

 東京都に本部を置く私立大学であるGMARCHと日東駒専。GMARCHは「学習院大学」「明治大学」「青山学院大学」「立教大学」「中央大学」「法政大学」、日東駒専は「日本大学」「東洋大学」「駒澤大学」「専修大学」の総称です。

 「企業からの評価が高い思う」と現役社会人に支持されているのは、GMARCHと日東駒専のどの大学だったのでしょうか。さっそく、ランキングを見ていきましょう。

・当記事では、X社(旧:Twitter社)が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてポストを利用しています。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

アンケート実施日2023年9月21日
調査対象全国の現役社会人の男女
有効回答数594票
advertisement

【現役社会人が選んだ】企業からの評価が高いと思う「GMARCHと日東駒専の大学」ランキング

画像:PIXTA
advertisement

第5位:法政大学

 第5位は、得票率10.1%の「法政大学」でした。同校は、1880年に設立された「東京法学社」を起源とする総合大学。東京都内に3つのキャンパスを構えています。

 法政大学では、学生の進路や就職に対する支援として、キャリアセンタースタッフによるきめ細やかなサポートを実施。個別相談をはじめ、模擬面接や少人数ディスカッションなど、さまざまなプログラムを用意しています。こうした手厚いキャリア支援が評価されたのではないでしょうか。

advertisement

第4位:立教大学

 第4位は、得票率14.0%の「立教大学」でした。1874年に設立された「立教学校」を前身としており、池袋や埼玉県の新座などにキャンパスを設置しています。

 同校では、グローバルリーダーの育成を目標に掲げ、全学部生を対象とした「グローバル・リーダーシップ・プログラム」や、社会の担い手としてのリーダシップを学ぶ「立教サービスラーニング」など、教育プログラムを実施。卒業生たちは、幅広いジャンルで国際的に活躍しています。

advertisement

第3位:中央大学

 第3位は、得票率14.1%の「中央大学」でした。1885年に創設された「英吉利法律学校」をルーツにしており、東京都内に6キャンパスを展開しています。

 同校では、社会で活躍できる人材を育成することを目的に「C-compass」と呼ばれる独自の学生向けシステムを導入。これは学校生活において、半年ごとに目標設定、活動計画の設定、取り組みの記録、自己評価を繰り返す、セルフマネジメント・サポートシステムです。実践と自己評価を繰り返し、PDCAサイクルを回せるため、社会人に求められる自律的な行動力が身につきそうですね。

advertisement

第2位:青山学院大学

 第2位は、得票率18.5%の「青山学院大学」でした。同校は、明治時代にキリスト教宣教師によって創設された、3つの学校を源流とする私立大学。東京都と神奈川県にキャンパスを構えています。

 青山学院大学では、生徒の職業観を育むために、一年次から進路・就職に関する支援を実施。また、企業研究会や進路・就職ガイダンス、企業見学会なども行っています。

advertisement

第1位:明治大学

 第1位は、得票率20.7%の「明治大学」でした。同校は1881年に開校した「明治法律学校」をルーツとしており、東京都と神奈川県に4つのキャンパスを構えています。

 明治大学では、就職支援として「就職キャリア支援センター」によるサポートを行い、学部ごとに独自のプログラムも用意。たとえば、商学部では、実際に企業などで働く機会を得られる「ジョブ・インターンシップ」、政治経済学部では、公共機関でのインターンシップやボランティア活動に関する制度を提供し、学生のキャリア形成を支援しています。こうした実践的な機会が評価されたのではないでしょうか。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「大学」のアクセスランキング