メディア

【50代が選ぶ】昭和を代表する「女性ソロアイドル・歌手」ランキングTOP16! 第1位は「松田聖子」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」協力のもと、全国の50代の人を対象に「昭和を代表する女性ソロアイドル・歌手」というテーマで調査を実施しました。

 全国の50代から支持を集めた「昭和を代表する女性ソロアイドル・歌手」は誰だったのでしょうか。それでは、ランキングを見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

アンケート実施日2023年2月24日
調査対象全国の50代
有効回答数140票
advertisement

【50代が選ぶ】昭和を代表する「女性ソロアイドル・歌手」ランキングTOP16!

出典:Amazon.co.jp
Bible-pink & blue- special edition (特典なし)"

Bible-pink & blue- special edition (特典なし)

松田聖子
4,950円(03/02 11:37時点)
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第4位:美空ひばり

出典:Amazon.co.jp
美空ひばりベスト 1964~1989 (紅盤)"

美空ひばりベスト 1964~1989 (紅盤)

美空ひばり
2,420円(03/01 16:19時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第4位にランクインしたのは、「美空ひばり」さんでした。父・増吉さんが結成した「美空楽団」にて9歳でデビューすると、天才少女歌手として注目を浴びました。わずか12歳で映画初主演を務めると、美空さんが歌う主題歌「悲しき口笛」が大ヒットを記録。その後は「愛燦燦(あいさんさん)」「川の流れのように」など、現在まで歌い継がれるヒット曲を残しました。コメントには、「他にいない」などの理由が挙げられていました。

advertisement

第4位:小泉今日子

出典:Amazon.co.jp
KOIZUMI IN THE HOUSE"

KOIZUMI IN THE HOUSE

小泉今日子
5,340円(03/02 11:37時点)
Amazonの情報を掲載しています

 同じく第4位にランクインしたのは、「小泉今日子」さんでした。1981年にオーディション番組「スター誕生!」でグランプリを獲得し、1982年にシングル「私の16才」で歌手デビューを果たしました。その後は「なんてったってアイドル」「あなたに会えてよかった」などのヒット曲を発表。「キョンキョン」の愛称で親しまれ、現在も幅広く活躍しています。コメントには、「周りにこびずに自分自身で考えて行動していたので」などの理由が挙げられていました。

advertisement

第3位:中森明菜

出典:Amazon.co.jp

 第3位にランクインしたのは、「中森明菜」さんでした。1982年にシングル「スローモーション」でデビュー。1985年の「ミ・アモーレ」、1986年の「DESIRE」で2年連続日本レコード大賞を受賞するなど、1980年代を代表する歌手です。コメントには、「圧倒的な歌唱力。抜群のスター性」「歌唱力も表現力も最高だから」「歌唱力と独特の雰囲気」など、歌唱力を中心とした理由が多く挙げられていました。

advertisement

第2位:山口百恵

出典:Amazon.co.jp
GOLDEN☆BEST MOMOE DISCO&SOUL (特典なし)"

GOLDEN☆BEST MOMOE DISCO&SOUL (特典なし)

山口百恵
2,530円(03/02 11:37時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第2位にランクインしたのは、「山口百恵」さんでした。1973年にシングル「としごろ」で歌手デビューし、「横須賀ストーリー」「プレイバックPart2」などのヒット曲を多く残しました。1970年代を代表するアイドル歌手でしたが、1980年に惜しまれつつも引退しました。コメントには、「歌が上手でとてもカリスマ性があったと思うので」「絶頂期で引退、伝説となったから」など、カリスマ性や伝説的な存在であったことが理由に挙げられています。

advertisement

第1位:松田聖子

出典:Amazon.co.jp
SEIKO STORY~80’s HITS COLLECTION~"

SEIKO STORY~80’s HITS COLLECTION~

松田聖子
2,908円(03/01 16:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第1位に輝いたのは、「松田聖子」さんでした。1980年にシングル「裸足の季節」でデビューすると、「青い珊瑚礁」「赤いスイートピー」などヒット曲を連発。松田さんの髪型をまねする「聖子ちゃんカット」が流行するなど、1980年代を代表するアイドルとして知られています。コメントには、「やはりトップアイドルとして一世を風靡した人だから」「歌唱力・容姿・雰囲気、全てがアイドル」などが理由に挙げられていました。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「音楽」のアクセスランキング