メディア

トヨタ「ライズ」が大躍進! 検索ユーザーから見る人気の秘密

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 近年、自動車業界において人気のSUVですが、その中でも小型のSUVに注目が集まっています。2019年11月5日に発売したトヨタの新型コンパクトSUV「ライズ」は、2020年1月の登録車の車名別販売台数でトヨタ「カローラ」を抜きトップとなり、2020年2月も引き続き首位をキープしており人気となっているようです。

 今回はトヨタ「ライズ」の公式サイトに接触した人が、検索前後3時間内でどんなネット行動をしていたかについて調査し、どのような人たちの関心を集めているか考察します。

advertisement

トヨタ「ライズ」とは?

 トヨタが発売した「ライズ」は『SUVに乗りたい、荷物をたくさん積みたい、でも運転しやすいコンパクトなサイズがいい(※1)』というユーザーの要望に応えたコンパクトSUV。
(※1)トヨタ自動車株式会社の公式企業サイトから一部抜粋

 トヨタ「ライズ」の特徴は、

  • 全長4m以下の5ナンバーサイズで、取り回しがしやすいコンパクトSUV
  • 車両本体価格167万9000~228万2200円と、SUVなのにリーズナブルな価格設定
  • 先進安全装備17種類も搭載されている商品性能の高さ
  • 荷室容量が369Lと広く、大容量スペース&利便性の高い室内空間を実現

 と、かなり魅力的な車両概要となっています。

「トヨタ ライズ」公式サイトより引用
advertisement

発売月の11月が訪問者数のピークに

 まずは、トヨタ「ライズ」の公式サイトの訪問者数推移を見てみましょう。トヨタ「ライズ」はダイハツ「ロッキー」のOEM供給となっているので、併せてダイハツ「ロッキー」の公式サイトの訪問者数推移も見てみました。

 両者とも発売月の2019年11月がピークとなっており、翌月以降は減少傾向にありました。発売月の11月はトヨタ「ライズ」とダイハツ「ロッキー」のユーザー数はほぼ同程度、翌月の12月以降はトヨタ「ライズ」の方が上回っている結果となっています。

 日本自動車販売協会連合会が発表している販売台数では、トヨタ「ライズ」に軍配が上がっていました。ただ、ダイハツ「ロッキー」も販売台数は好調のようで、ダイハツの稼ぎ頭にまで成長しているようです。

トヨタ「ライズ」、ダイハツ「ロッキー」の公式サイトのユーザー数推移
※2019年11月~2020年3月
日本自動車販売協会連合会が発表している販売台数
advertisement

コンパクトカーでありながら男性比率が8割

 次に、トヨタ「ライズ」はどのようなユーザーが興味を示しているのでしょうか?トヨタの「ライズ」ブランドサイトに訪れた人を分析してみました。

 性別は圧倒的に男性が多く8割弱となっていました。コンパクトカーと言えば女性を想起させますが、男性比率が高いことは意外な結果となりました。

 年代別ではどの年代もほぼ均等で、最も高くて40代の24.7%となっていました。幅広い年齢層に興味をもたれていることがうかがえました。

トヨタの「ライズ」ブランドサイトに訪れた人の属性
※2019年11月~2020年2月

 また未既婚で見てみると、興味関心が高いのは既婚者で約6割。子供有無では子供なし世帯の方が若干上回っていますが、双方に人気があるようです。

トヨタの「ライズ」ブランドサイトに訪れた人の属性
※2019年11月~2020年2月
advertisement

ボディタイプよりも価格帯を重視?

 続いて、トヨタ「ライズ」のブランドサイトに訪問した人が、訪問前後で検索していたキーワードをランキングで見てみましょう。多くランクインしていたキーワードは「ライズ」に関連するメーカー名の「トヨタ」や「TOYOTA」、車名の「ライズ」や「RAIZE」でした。

 購入の際、比較検討をしていると考えられる兄弟車の「ダイハツ」や「ロッキー」も上位を占めていました。また、「ライズ」のデザインは“ミニRAV4”と言われていることもあり、トヨタの「RAV4」もランキングにあがっていました。

 トヨタ「ライズ」はSUVの中でも比較的リーズナブルな価格で、求めやすい価格設定となっていることもあり、ランキングには同じ価格帯の車種があがっていることも特徴的でした。ボディタイプも様々で、セダンのトヨタ「カローラ」、コンパクトカーのトヨタ「ヤリス」、ミニバンのトヨタ「シエンタ」、小型SUVのスズキ「クロスビー」などが検索されていることから、ボディタイプよりも価格帯が重視されていることが考えられます。

 発売未定のSUVのトヨタ「TJクルーザー」にも関心が寄せられているようです。

トヨタの「ライズ」ブランドサイトに訪れた人のキーワードランキング
※2019年11月~2020年2月
advertisement

情報はメディアサイトから収集する傾向

 最後に、「ライズ」のブランドサイト訪問前後に閲覧していたサイトを、ランキングで見てみましょう。トップはメーカー公式サイトの「トヨタ自動車」で、次いで兄弟車「ロッキー」を発売している「ダイハツ工業」のメーカー公式サイトとなっていました。

 メーカーの公式サイト以外で多くランクインしていたのは「carview!」や「Car Watch」、「ベストカー」、「web CG」などの自動車情報サイトとなっていました。メディアサイトが多くランクインしていることから、ユーザーからは車両スペック以外の情報を少しでも多く収集したい気持ちが読み取れました。

トヨタの「ライズ」ブランドサイトに訪れた人のサイトランキング
※2019年11月~2020年2月

 また、6位にはトヨタ自動車が2019年2月から開始したサブスクリプションサービス「KINTO」の公式サイトもランクイン。「KINTO」は頭金が不要で、車両代や任意保険、自動車税、登録諸費用、車両メンテナンスがパッケージ化された月額定額サービスということもあり、お得なプランも検討材料の1つになっているようです。

「KINTO」公式サイトより引用
advertisement

まとめ

 今回はトヨタ「ライズ」について調査しました。コンパクトカーでありながら男性比率が8割弱と男性からの支持も高く、さらに幅広い年齢層にも興味を持たれていることがわかりました。

 「ライズ」は“リーズナブルな価格”を訴求していることもあり、ユーザーはSUVというボディタイプよりも価格帯を重視して比較検討していることもうかがえました。

 SUVブームの波に乗り、他社も含めて今後のコンパクトSUV市場の動向に注目したいです。

advertisement

分析概要

 ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービスeMark+を使用し、2019年11月~2020年2月のネット行動ログデータを分析しました。

  ※訪問者数推移、販売台数の調査対象は2019年11月~2020年3月

 ※ネット行動ログは検索前後180分の行動ログを抽出して分析

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

© VALUES, Inc. All rights Reserved.