メディア

【おニャン子クラブ】メンバー人気ランキングTOP15! 第1位は「高井麻巳子」に決定!【2021年最新結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2021年3月5日から3月18日まで、ねとらぼ調査隊では「あなたが好きな『おニャン子クラブ』のメンバーは?」というアンケートを実施していました。

 1980年代後半に放送されたバラエティー番組「夕やけニャンニャン」から生まれたアイドルグループ「おニャン子クラブ」。今回のアンケートでは5455票もの投票をいただきました。ありがとうございます! それでは結果を見ていきましょう。

advertisement

第10位:会員番号38:工藤静香

  第10位は会員番号38番の工藤静香さんでした。1986年にグループに加入。シングル「かたつむりサンバ」ではフロントボーカルに抜擢されました。現在はタレントとしてだけでなく、宝飾デザイナーや画家としても活躍しています。

「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第9位:会員番号14:富川春美

  第9位は会員番号14番の富川春美さんでした。グループ解散時まで活動しており、「お富さん」の愛称で親しまれていました。番組初回から最終回まで活動した唯一のメンバーとしても知られます。

advertisement

第8位:会員番号29:渡辺美奈代

  第8位は会員番号29番の渡辺美奈代さん。会員番号36番の渡辺満里奈さんとともにWワタナベとして人気を博しました。現在はママタレントとして活動しています。

「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第7位:会員番号18:永田ルリ子

  第7位は会員番号18番の永田ルリ子さんでした。ファンからは「ルリルリ」の愛称で親しまれていました。おニャン子クラブ解散時、現役メンバーでは最年長でした。おニャン子クラブ解散時の宣言は彼女が務めています。

advertisement

第6位:会員番号4:新田恵利

  第6位は会員番号4番の新田恵利さん。おニャン子クラブのデビュー曲「セーラー服を脱がさないで」ではフロントメンバーに選ばれ、グループの「顔」として活躍しました。ソロデビュー時には「冬のオペラグラス」がヒット、「夜のヒットスタジオ」にも出演するなど人気を博しました。

「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第5位:会員番号36:渡辺満里奈

  第5位は会員番号36番の渡辺満里奈さんでした。おニャン子の主力メンバーだった渡辺さんは、現在も芸能活動を続けています。2005年にはお笑い芸人ネプチューンの名倉潤さんと結婚しました。

「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第4位:会員番号11:福永恵規

  第4位は会員番号11番の福永恵規さんでした。第4位は会員番号11番の福永恵規さんでした。「夕やけニャンニャン」放送開始と同時に、おニャン子クラブの一員として芸能生活をスタート。「セーラー服を脱がさないで」ではフロントボーカルを務めました。1986年には「風のInvitation」でソロデビューも果たしました。

「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第3位:会員番号19:岩井由紀子

 第3位は会員番号19番の岩井由紀子さんがランクイン。得票数は537票でした。

 「ゆうゆ」という愛称で親しまれ紀に高井麻巳子さんとうしろゆびさされ組を結成。シングル「お先に失礼」ではフロントボーカルに抜擢されました。コメント欄には「解散後にゆうゆを好きになった」という声もありました。

「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第2位:会員番号12:河合その子

 第2位は会員番号12番の河合その子さんがランクインしました。得票数は718票でした。

 「夕やけニャンニャン」のオーディション企画「ザ・スカウト アイドルを探せ!」に合格した河合さん。グループ加入後は人気ドラマ「スケバン刑事」で悪役としてゲスト出演したり、「涙の茉莉花LOVE」でソロシングルデビューを果たしたりとマルチな才能を発揮しました。

「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第1位:会員番号16:高井麻巳子

 そして堂々の第1位に輝いたのは、会員番号16番の高井麻巳子さんでした! 得票数は844票でした。

 1985年にスカウトされたことをきっかけに芸能活動をスタート。翌年にリリースしたソロデビュー曲「シンデレラたちへの伝言」はオリコン初登場1位を獲得、うしろゆびさされ組でも多くの名曲を発表するなど一世を風靡しました。

 1988年にプロデューサー・秋元康さんと結婚、芸能界から引退しました。当時、多くのファンが衝撃を受け、コメント欄でも「秋元夫人」と呼ぶ声が見られました。

「Amazon.co.jp」より引用

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.