メディア

「ビール好き」の人が多い都市ランキング! 2位の「秋田市」を上回る納得の1位は?

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 夏が近づき、ビールのおいしい季節になってきました。家飲みの需要も高まり、よく冷えた黄金色のビールで喉を潤すのが至福の時間という人も多いでしょう。

 今回は総務省が調査した、「都市別のビール購入量ランキング」を発表します。果たして日本一のビール好き都市はどこなのか、上位の結果を見てみましょう。

【出典】総務省統計局「家計調査 品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング」(データは2018~2020年の平均値。対象は都道府県庁所在地と政令指定都市の、2人以上の世帯)

advertisement

第3位:盛岡市(24.59L/年)

 第3位は、岩手県の県庁所在地である「盛岡市」でした。ビールの平均年間購入量は、全国平均の19.74リットルを5リットルほど上回る24.59リットルです。

 岩手県といえば、地ビールの黎明期に創業した「銀河高原ビール」が有名。盛岡市内に2001年に設立されたベアレン醸造所も、本場ドイツから100年以上の歴史をもつ設備を移設した本格クラフトビールのブルワリーとして人気です。

advertisement

第2位:秋田市(25.34L/年)

 第2位は「秋田市」。年間ビール購入量は25.34リットルです。

 秋田市内には、地元を代表するクラフトビール「あくらビール」の醸造所があり、ふるさと納税の返礼品としても人気を博しています。ちなみに秋田市は日本酒(清酒)の購入量でも日本一と、かなりのお酒好きエリア。

advertisement

第1位:札幌市(27.94L/年)

 第1位は、ビールのイメージも強い「札幌市」でした。年間購入量は27.94リットルです。

 札幌といえば、言わずと知れた日本の四大ビールメーカーのひとつ「サッポロビール」発祥の地。1876年(明治9年)に政府の開拓使が設立した「札幌麦酒醸造所」が起源です。その工場跡地に建てられた「サッポロビール園」は、ビール博物館で歴史を学んだり、レストランで食事を楽しんだりできる複合施設となっています。

 ランキング第52位~1位の全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.