メディア

「茨城県の日本酒」人気ランキングTOP10! 1位は「森嶋」【2023年11月27日時点/SAKETIME調べ】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 日本には全国各地に素晴らしい日本酒があります。そんな日本酒との出会いを写真とテキストで記録して、自分だけの日本酒日記をつづることができるサービスが「SAKETIME」。日々、多くの日本酒ファンが自分と日本酒の思い出を投稿し、その魅力を伝えています。

 今回はそんな「SAKETIME」の協力のもと、「茨城県の日本酒」の人気ランキングを紹介します。ランキングは2023年11月27日時点のものです。

(出典:SAKETIME「茨城の日本酒ランキング2023」

当記事では、X社(旧:Twitter社)が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてポストを利用しています。

advertisement

「茨城県の日本酒」人気ランキング

画像:PIXTA
advertisement

第2位:結ゆい(むすびゆい/結城酒造)

 第2位は「結ゆい(結城酒造)」でした。醸造元の結城酒造は、栃木県と境を接する結城市で、1594年に創業した400年以上の歴史をもつ老舗酒蔵。「結ゆい(むすびゆい)」は、そんな結城酒造の代表銘柄です。

 特徴は、ふくよかな味わいと芳醇な果実のような風味。また、「吉」の字を中央に大きくあしらった縁起のよいラベルも目をひきます。

advertisement

第1位:森嶋(もりしま/森島酒造)

 第1位は「森嶋(森島酒造)」でした。森島酒造は、太平洋を臨む日立市の港町・川尻で、およそ150年の歴史をもつ酒蔵。森嶋のほかに「富士大観」などの銘柄を醸しています。

 蔵元の名を冠した森嶋は、2011年の東日本大震災をきっかけに誕生した新しいブランドです。ラベルには、震災で崩れ落ちた石蔵の破片がデザインされ、蔵の不屈と挑戦の精神を表しています。

 目指したのは、香りが強すぎず、甘すぎない「食事に寄り添う酒」。透明感がありフレッシュな風味が、食の楽しみを広げてくれます。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.