メディア

「男性向けラノベ」年間売上ランキングTOP20! 1位は『転生したらスライムだった件』【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 TOPPANホールディングスのグループ会社であるBookLiveは、運営する総合電子書籍ストア「ブックライブ」にて、2023年1月1日~11月6日の売上をもとにランキング化した「年間ランキング2023」を発表しました。

 今回はその中から「男性向けラノベ」のランキングを紹介します。数あるライトノベルの中で、ブックライブ会員からの注目度が高かったのはどの作品だったのでしょうか。早速ランキングをみていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

調査期間2023年1月1日~11月6日
調査対象2023年、ブックライブストアでヒットしたラノベ

(出典元:ラノベ 年間ランキング2023|BookLive

advertisement

「男性向けラノベ」年間売上ランキング

出典:Amazon.co.jp
advertisement

第5位:薬屋のひとりごと

出典:Amazon.co.jp

 第5位は『薬屋のひとりごと』でした。2011年に小説投稿サイト「小説家になろう」で連載が開始された、日向夏さんによるファンタジー小説。主人公は猫猫(マオマオ)という少女で、中世の東洋が舞台。宮中で起こる難事件を、「毒見役」の猫猫が次々に解決していくというストーリーです。

advertisement

第4位:ようこそ実力至上主義の教室へ

出典:Amazon.co.jp

 第4位は『ようこそ実力至上主義の教室へ』でした。著者は衣笠彰梧さんで、「よう実」の略称で親しまれています。高度育成高等学校という特殊な環境を舞台にした学園ラノベ。表向きは自由で理想的な学園生活を謳いながら、実際には厳しい実力主義が支配する環境が、興味深い設定だといえるでしょう。

advertisement

第3位:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

出典:Amazon.co.jp

 第3位は『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』でした。大森藤ノさんによる迷宮都市オラリオを舞台にしたファンタジーライトノベルで、シリーズ累計発行部数800万部を突破した作品。迷宮都市オラリオは、地下迷宮を保有する巨大都市として描かれ、その中で展開される未知と興奮に満ちた冒険が魅力です。

advertisement

第2位:無職転生 ~異世界行ったら本気だす~

出典:Amazon.co.jp

 第2位は『無職転生 ~異世界行ったら本気だす~』でした。同作は、2012年から2015年まで「小説家になろう」にて連載されていた、理不尽な孫の手さんによる作品。34歳の無職男性が事故死した後、剣と魔法の異世界で赤ん坊として生まれ変わる物語です。前世の失敗を反省し、異世界での新しい生活を通じて成長していく姿に引き込まれますよね。

advertisement

第1位:転生したらスライムだった件

出典:Amazon.co.jp

 第1位は『転生したらスライムだった件』でした。「小説家になろう」に投稿された作品がベースとなり書籍化された、伏瀬さんの作品です。略称は「転スラ」で、アニメ化や映画化もされている人気シリーズ。平凡な人生を送っていた主人公が通り魔に襲われた後、スライムとして異世界に転生する物語が描かれています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「本」のアクセスランキング