メディア

「金融業界の平均年収」ランキングTOP10! 第1位は「三菱UFJ信託銀行」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 企業データベース「SalesNow」を展開するSalesNowは、日本最大級のデータベース「SalesNow DB」において、金融業界における各企業の平均年収について調査し、その結果をランキング形式で発表しました。

 なお、SalesNow DBでは各業界のカテゴリを「メイン業界」「サブ業界」に区分していて、今回は「メイン業界」を抽出してランキングを作成しています。それではランキングを見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

調査期間2022年11月1日 ~ 2023年10月31日
調査対象「SalesNow DB」にて、金融業界における各企業の平均年収について調査

当記事では、X社(旧:Twitter社)が定める「ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾」に基づいてポストを利用しています。

(出典元:SalesNow「金融業界平均年収ランキングTOP10を発表!/SalesNow DBレポート」

advertisement

「金融業界の平均年収」ランキングTOP10

画像:PIXTA
advertisement

第2位:日本政策金融公庫(846.6万円)

 第2位は「日本政策金融公庫」で、平均年収は846.6万円でした。東京都千代田区に本店を構える、2008年創立の政策金融機関です。一般の金融機関の活動を補完しつつ、日本の中小企業や事業者、農林漁業者などの資金調達にも貢献しています。

 物価高騰対策として「セーフティネット貸付」を実施するなど、セーフティネットとしての機能もそなえている日本公庫。他にも地域の活力を維持する事業再生など成長分野などへの支援にも注力し、日本経済の成長・発展に貢献しています。

advertisement

第1位:三菱UFJ信託銀行(892.4万円)

 第1位は「三菱UFJ信託銀行」で、平均年収は892.4万円でした。東京都千代田区に本店を構える、三菱UFJフィナンシャル・グループの信託銀行です。

 リテール・法人マーケット・受託財産・市場などの部門を持ち、法人マーケット部門では資産金融や不動産、証券代行などの業務を実施。さまざまな運用目的に応じた充実の商品ラインアップや、長年にわたり蓄積されたノウハウを活用した運用コンサルティング、グローバル・アセット・マネジメント戦略などが強みです。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.