メディア

【地元在住の社会人が選ぶ】本当に住みやすいと思う「愛知県の街」ランキングTOP30! 第1位は「名古屋市千種区」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」の協力のもと、愛知県在住の社会人を対象に「本当に住みやすいと思う愛知県の街」というテーマでアンケートを実施しました。

 地元在住の社会人から「本当に住みやすい」と思われているのは、愛知県のどの街だったのでしょうか。それではランキングを見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

アンケート実施日2023年10月12日
調査対象地元在住の社会人
有効回答数342票
advertisement

【地元在住の社会人が選ぶ】本当に住みやすいと思う「愛知県の街」ランキングTOP30!

画像:写真AC
advertisement

第4位:名古屋市北区

画像:写真AC

 第4位は「名古屋市北区」でした。名古屋市の北部にある区で、JR中央本線、TKJ城北線、名鉄瀬戸線・小牧線、市営地下鉄名城線・上飯田線などの鉄道が走り、幹線道路も縦横に通っています。

 そんな名古屋市北区は、公営の大規模住宅が多くあり、河川や公園などが多くあるのも特徴。また、大曽根地下街オズガーデンや大曽根商店街、アピタ名古屋北店などの商業施設も充実しているため、買い物にも困ることはなさそうです。

advertisement

第3位:長久手市

画像:PIXTA

 第3位は「長久手市」でした。名古屋市の東にある街で、名古屋に通勤・通学する人たちのベッドタウンとして発展してきました。2005年には当時の長久手町が、瀬戸市とともに日本国際博覧会(愛・地球博/愛知万博)を開催した地域としても知られています。

 そんな長久手市は、西部を中心に住宅地や商業施設が多く集まっており、イオンモール長久手などの大型商業施設もあるため、市内で充実した買い物ができます。市の中央には愛知高速交通東部丘陵線(リニモ)が走っており、ジブリパークやトヨタ博物館などもあるため、文化や芸術に触れることができ、バランス良い生活が送れるのではないでしょうか。

advertisement

第2位:名古屋市東区

画像:写真AC

 第2位は「名古屋市東区」でした。錦通・桜通を中心にオフィスビルや愛知芸術文化センターなどの文化施設があります。また、閑静な住宅地も多くあり、東部には高層住宅が立ち並ぶなど多くの人が生活しているエリアです。

 区内にはプロ野球・中日ドラゴンズが本拠地とするバンテリンドーム ナゴヤ(ナゴヤドーム)があり、プロ野球開催時はもちろんのこと、さまざまなイベントなどで数多くの人が訪れます。また、イオンモールナゴヤドーム前などの大型商業施設もあり、地下鉄も通っているので、徒歩でも自動車でも快適に移動ができます。日常と非日常の顔を併せ持つ街であり、便利な環境が整っているといえるでしょう。

advertisement

第1位:名古屋市千種区

画像:写真AC

 第1位は「名古屋市千種区」でした。名古屋市中区や東区の東側に位置する街で、区内にはJR中央線のほか、地下鉄が3路線走っていて、どこへ行くにも便利な地域です。名古屋大学や名古屋工業大学など、多くの教育機関が集まる文教地区でもあります。

 市内には繁華街である今池があり、普段の買い物に便利な商業施設も多いため、日常生活の買い物などで困ることはないでしょう。また、東山公園や平和公園など、緑豊かな公園もあり、子どものいる家庭では東山動植物園もうれしい存在。利便性と豊かな自然を両立している点も支持を集めた要因かもしれません。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ライフ」のアクセスランキング