メディア

【徳島県民が選んだ】「住み続けたい街(自治体)」ランキングTOP6! 第1位は「板野郡板野町」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 大東建託は、徳島県居住の20歳以上の男女を対象に居住満足度調査を実施し、その結果を「いい部屋ネット 街の幸福度&住み続けたい街ランキング2023<徳島県版>」として発表しました。この記事では、調査結果の中から「住み続けたい街(自治体)ランキング」を紹介します。

 集計対象は回答者が50人以上の自治体で、2020年~2023年の回答を累積して集計しています。徳島県に住んでいる人から「住み続けたい」と思われているのは、どの街(自治体)だったのでしょうか。それでは、ランキングを見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

調査期間2023年2月17日~3月15日
2022年3月8日~3月29日
2021年3月17日~3月30日
2020年3月17日~4月3日
調査対象徳島県居住の20歳以上の男女
有効回答数3729人

(出典元:いい部屋ネット「住み続けたい街 自治体ランキング<徳島県版>」

advertisement

【徳島県民が選んだ】「住み続けたい街(自治体)」ランキング

画像:写真AC
advertisement

第2位:名西郡石井町

 第2位は「名西郡石井町」でした。徳島県の北東に位置し、徳島市に隣接している町。都市機能と自然のバランスが取れた住環境が特徴です。

 観光スポットも豊富で、町内には地元の新鮮な農作物を購入できる「阿波食ミュージアム」や、国の重要文化財に指定されている「田中家住宅」などがあります。また、石井町の花である「藤」を楽しむ「藤まつり」、「ふじっこちゃん夏祭り」として親しまれている夏祭りなど、地域のイベントも楽しめます。

advertisement

第1位:板野郡板野町

 第1位は「板野郡板野町」でした。徳島県の北東部にあり、阿讃山脈のふもとに位置している町。米や果物、野菜などの生産が盛んな農業エリアとしても知られています。近年は県内最大級の道の駅「いたの」がオープンするなど、街の整備や地方創生にも力を入れています。

 また、出生児1人あたり10万円を交付する「板野町出産祝金」や、中学校終了までの子どもの医療費が無料になる「子どもはぐくみ医療助成費」など、子育て支援が充実しているのもポイント。町内には未就学児とその保護者が利用できる「地域子育て支援センター」や、義務教育終了までの児童が利用できる「児童館」なども設けられています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「住まい」のアクセスランキング