メディア

週休3日制、「収入減るなら利用したくない」が約7割 「マイナビ転職」調査

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 転職情報サイト「マイナビ転職」がこのほど、「週休3日制に関する意識調査(2023年)」の結果を発表しました。週休3日制が導入された場合、収入が減るなら利用したくない人は66.8%となりました。

画像:PIXTA
advertisement

調査概要

調査期間2023年9月22日~9月24日
調査対象 20~59歳の会社員(正社員)を対象にWEB調査を実施
有効回答数900人
advertisement

週休3日制、利用したい?

 「週休3日制を利用したいか」という質問に対し、勤務日数の減少に併せて収入も減少する場合は「利用したくない」という人が66.8%を占め、収入が変わらない場合は76.8%が「利用したい」と回答しました。収入の増減が利用意向を大きく左右することが分かります。

収入が減る場合、週休3日制を利用したいか(画像はプレスリリースから)
収入が変わらない場合、週休3日制を利用したいか(画像はプレスリリースから)
advertisement

週休3日制のイメージ

 週休3日制に対するイメージについて聞いたところ、「収入が減りそう(37.5%)」「正社員では難しそう(25.1%)」「時間内に業務が終わらず残業が増えそう(23.8%)」とマイナスのイメージが上位に。

週休3日制のイメージ(画像はプレスリリースから)
advertisement

実際に利用している人は

 一方、実際に週休3日制で働く人に聞いたところ、収入は「上がった」という人が50.4%。勤務先の給与が上がった人は19.5%、副業などにより収入が上がった人は約3割となっています。給与が「変わらない」と回答した人は31.7%、「下がった」人は17.9%でした。

週休3日制を利用している人の収入は?(画像はプレスリリースから)
画像はプレスリリースから

 調査では実際に週休3日制で働いている人からは「収入が上がった」「モチベーションが高まる」などのポジティブな意見も見られたといいます。「マイナビ転職」編集長の荻田泰夫さんは「今後ますます人手不足への対応が求められるなかで、週休3日制は企業にとっても働き手にとっても、一つの選択肢になりえるのかもしれません」としています。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「就職・転職」のアクセスランキング