メディア

【50代男性が選ぶ】「聖戦士ダンバイン」テレビ版に登場する「オーラバトラー」人気ランキングTOP13! 第1位は「ビルバイン」【2023年最新投票結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 1983年に放送されたテレビアニメ「聖戦士ダンバイン」。中世ファンタジーを舞台としたロボットアニメで、作中に登場するロボット「オーラバトラー」は、独特なフォルムで注目を集めました。

 そこでねとらぼ調査隊では、2023年11月7日から11月13日にかけて「好きなTV版『聖戦士ダンバイン』のオーラバトラーは?」というアンケートを実施しました。

 本記事では、投票結果から「50代男性」の結果を抽出して紹介します。それでは結果を見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

調査期間2023年11月7日 ~ 11月13日
有効回答数2945票(50代男性回答:1924票)
質問好きなTV版「聖戦士ダンバイン」のオーラバトラーは?
advertisement

第5位:ドラムロ

出典:Amazon.co.jp

 第5位は「ドラムロ」。得票率は6.2%でした。

 ドラムロはテレビアニメ第1話から登場した機体で、アの国のショット・ウェポンが開発した最初の量産型オーラバトラー。前腕部に内蔵されたフレイ・ボムとオーラ・ソードをメインウェポンとしています。コガネムシやカナブンを彷彿とさせるビジュアルが特徴で、ボディカラーは赤。トッド・ギネス専用機は紺色となっています。

advertisement

第4位:ライネック

出典:Amazon.co.jp

 第4位は「ライネック」。得票率は6.4%でした。

 バストール(第10位)の強化型として生産された機体で、アの国とクの国が共同開発したオーラバトラーです。大型のコンバーターによって高い機動力を実現し、オーラ・ソードにオーラ・バルカン、そして6連装ミサイル・ポッドや連装ミサイル・ポッドなどをメインウェポンとしています。トッドがショウ・ザマとの最終決戦で搭乗した機体であり、この戦闘でトッドはハイパー化しました。

advertisement

第3位:ズワァース

出典:Amazon.co.jp
ROBOT魂 [SIDE AB] ズワァース"

ROBOT魂 [SIDE AB] ズワァース

11,980円(03/02 12:34時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第3位は「ズワァース」。得票率は12.2%でした。

 ズワァースはショットが開発した機体で、大型オーラ・コンバーターの搭載により、高い出力と戦闘能力を持ち合わせたオーラバトラー。高コストな機体であるが故に生産数は少なく、黒騎士のバーン・バニングスが搭乗した黒色のズワァースや、ミュージィ・ポーが搭乗した白色のズワァースなど、複数のカラーが登場しました。

advertisement

第2位:ダンバイン

出典:Amazon.co.jp
ROBOT魂 [SIDE AB] ダンバイン"

ROBOT魂 [SIDE AB] ダンバイン

8,480円(03/02 12:34時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第2位は「ダンバイン」。得票率は16.1%でした。

 作品タイトルにもなっている、序盤の主人公機ダンバイン。ゲド(第13位)の発展型として設計されたオーラバトラーで、地上界から召喚されたショウ、トッド、トカマク・ロブスキーの3人に対し、それぞれカラーの異なるダンバインが生産されました。しかし飛行訓練の際、ショウが搭乗するライトパープルのダンバイン以外を損失。その後、ショウはダンバインと共にギブン家へ渡り、多くの戦果を上げていきました。

advertisement

第1位:ビルバイン

出典:Amazon.co.jp
ROBOT魂 [SIDE AB] ビルバイン"

ROBOT魂 [SIDE AB] ビルバイン

12,918円(03/02 12:34時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第1位は「ビルバイン」。得票率は30.2%でした。

 ビルバインはナの国が開発した機体で、ナの国の女王シーラ・ラパーナからショウへ送られたオーラバトラーです。オーラマシンとしては唯一の可変構造を持っており、ウィング・キャリバーに変形することで高速での移動を可能としています。性能を発揮するためには高いオーラ力を必要としますが、作中屈指の機動力とバランスを誇るオーラバトラーです。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「アニメ」のアクセスランキング