【聖戦士ダンバイン】あなたが好きなTV版に登場する「オーラバトラー」はなに?【2023年版・人気投票実施中】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 1983年に放送されたテレビアニメ「聖戦士ダンバイン」。当時としては珍しい中世ファンタジーな世界観のロボットアニメです。作中に登場する、昆虫のような雰囲気を持つロボット「オーラバトラー」は、その斬新で独特なフォルムにより多くのファンを獲得しました。

 そこで今回は、「『聖戦士ダンバイン』のTV版オーラバトラーで好きなのはどれ?」という人気投票を実施します。あなたが特に気に入っている機体を教えてください! まずは作中に登場したオーラバトラーから3機をピックアップして紹介します。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

ダンバイン

HG ダンバイン 1/72 スケール組み立て式プラモデル"

HG ダンバイン 1/72 スケール組み立て式プラモデル

5,900円(04/16 20:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

 「ダンバイン」は、主人公であるショウ・ザマらが搭乗した本作における主役機の一つ。地上人でありオーラバトラーの生みの親であるショット・ウェポンが開発した試作型オーラバトラーです。

 異世界バイストン・ウェルにて最初に完成した「ゲド」を発展させた機体で、高いオーラ力を持つ地上人が操縦することが前提とされています。作中ではショウが最初に搭乗したアクアブルーの機体のほか、ネイビーブルーとダークグリーンの3機が製造されました。

advertisement

ビアレス

1/72 聖戦士ダンバイン HGAB ビアレス"

1/72 聖戦士ダンバイン HGAB ビアレス

3,500円(04/16 20:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

 クの国で開発されたオーラバトラー「ビアレス」。一般兵の搭乗を前提とした扱いやすさが特徴の一つで、高い運動性とパワーも有しています。ショウと共に召喚され、幾度も死闘を繰り広げた地上人トッド・ギネスがテストパイロットとなり、彼の代表的な乗機のひとつとなりました。また、その優れた設計は後のオーラバトラーにも受け継がれたほか、アの国のドレイク軍でも使用されています。

advertisement

ライネック

 「ライネック」は、次期主力機として設計された、ドレイク軍のオーラ・バトラーです。充実した内蔵武器と機動性の高さが特長。初登場時に搭乗したトッド・ギネスは、後に再びビアレスに乗り換えますが、ショウとの決戦時にはもう一度この機体を使用しました。また、物語終盤では一般兵で組織された「ライネック部隊」も登場しています。

advertisement

「聖戦士ダンバイン 」TV版に登場するオーラバトラーで好きなのは?

 ここまで、テレビアニメ「聖戦士ダンバイン」に登場したオーラバトラーから3機を紹介しました。いずれも個性的なデザインで魅力あふれる機体ばかりですよね。

 選択肢にはテレビアニメ本編に登場した主なオーラバトラーを13機用意しています。のちの派生作品などに登場したオーラバトラーは含めていませんが、もし選択肢以外に投票したい場合は、コメント欄に機体名と投票理由をお書きください。

 また各オーラバトラーの魅力的なところや、印象に残っている作中のシーンなども、ぜひコメント欄にお寄せください。みなさんの投票をお待ちしています!

好きなTV版「聖戦士ダンバイン」のオーラバトラーは?
実施期間:2023/11/07 00:00 〜 2023/11/13 23:59
投票は1度、最大3つまでチェック可能
投票は締め切りました

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「アニメ」のアクセスランキング