メディア

「50代女性が歌ったカラオケソング」年間ランキングTOP10! 第1位は「セーラー服と機関銃“夢の途中”」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 通信カラオケ業務を行うエクシングは、JOYSOUNDが展開するカラオケ・ソーシャルメディア「うたスキ」会員の歌唱に基づき、10代から60代の年代別に集計した「2023年 年代別カラオケ年間ランキング」を12月4日に発表しました。

 本記事では、「50代女性が歌ったカラオケソング」年間ランキングを紹介します。最新ヒット曲から懐かしの名曲までランクインする中、最も歌われた曲は何だったのでしょうか。さっそくランキングを見ていきましょう。

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

調査期間2023年1月1日~11月15日
調査対象 JOYSOUNDの会員サービス「うたスキ」の歌唱ログ

(出典元:2023年 年代別カラオケ年間ランキング

advertisement

「50代女性が歌ったカラオケソング」年間ランキング

画像:写真AC
advertisement

第2位:アイドル/YOASOBI

 第2位は、YOASOBIの19枚目のシングル「アイドル」でした。2023年4月から放送され大ヒットしたアニメ「【推しの子】」のオープニング主題歌として人気を集めた同曲は、50代女性だけでなく多くの世代から支持を集め、老若男女から歌われるカラオケソングとなりました。

 「アイドル」は、Billboard JAPAN総合ソング・チャート「JAPAN Hot 100」で、21週連続で総合首位を獲得し、歴代連続首位記録を更新。加えて史上最速でストリーミング累計再生回数が4億回を突破したことでも話題になりました。さらに、米ビルボード・グローバル・チャート「Global Excl. U.S.」、Apple Music「トップ100:グローバル」、YouTube music charts TOP 100 songs Globalでも首位を獲得。J-POP史上初となる記録を次々と打ち立て続けています。まさに2023年を代表するといっても過言ではない1曲です。

advertisement

第1位:セーラー服と機関銃“夢の途中”/薬師丸ひろ子

 50代女性に最も歌われたのは、薬師丸ひろ子さんのデビュー曲「セーラー服と機関銃“夢の途中”」でした。2022年の同ランキングでは2位、過去8年連続でTOP5入りしていたこの曲が、ついにトップに輝く結果となりました。

 1981年に公開された薬師丸さん主演の映画「セーラー服と機関銃」の主題歌として知られる同曲は、後に長澤まさみさん、徳永英明さん、橋本環奈さん、JUJUさんなど多くのアーティストがカバーし、幅広い世代から歌い継がれています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「音楽」のアクセスランキング