メディア

【東京メトロ】「家賃が高い駅(街)」ランキングTOP5! 1位は「明治神宮前」【2023年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

  LIFULLが運営する不動産・住宅情報サービス「LIFULL HOME’S」が、東京メトロが発表した2022年度の「駅別乗降人員」をもとに、1日平均乗降人員が10万人以上・5万人以上の駅の家賃に関する調査を実施。その結果をランキング形式で発表しました。

 この記事では調査結果の中から「乗降人員数が5万人以上で家賃が高い駅」のランキングを紹介します。多くの人が利用する駅の中で、特に家賃が高いのはどのだったのでしょうか。さっそくランキングを見ていきましょう!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

advertisement

調査概要

調査期間 2022年11月~2023年10月
調査対象駅 東京メトロ「各駅の乗降人員ランキング」2022年度をもとにした「1日平均5万人以上が乗降する駅」
※他鉄道との直通連絡駅および共用している駅は含まず
調査対象物件 LIFULL HOME’Sに掲載された築40年以内、駅徒歩20分以内、専有面積15㎡以上40㎡未満の賃貸物件
家賃相場 管理費を含む⽉額賃料から中央値を算出

(出典元:東京メトロの乗降人員10万人以上の駅における家賃相場が安い駅ランキングをLIFULL HOME’Sが発表、1位「北千住駅」

advertisement

【東京メトロ】「家賃が高い駅(乗降人員5万人以上)」ランキング

画像:PIXTA
advertisement

第2位:永田町(15万9000円)

画像:PIXTA

 第2位は「永田町」で、家賃相場は15万9000円でした。1日の平均乗降人員数は6万6041人です。

 永田町は永田町一丁目にある東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線の駅。銀座線・丸ノ内線の赤坂見附駅とも連絡しており、周辺のオフィス街の交通拠点となっています。駅の周りには国会議事堂をはじめとした政治の中枢を担う機関が集まっているほか、「ホテルニューオータニ」や「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」といった高級ホテルもあります。

 LIFULL HOME’Sは「複数路線の利用可能なため、仕事やプライベートで外出が多い方にはオススメのエリアです」とコメントしています。

advertisement

第1位:明治神宮前(16万円)

画像:PIXTA

 第1位は「明治神宮前」で、家賃相場は16万円でした。1日の平均乗降人員数は8万6222人です。

 明治神宮前駅は、渋谷区神宮前に位置する駅で、東京メトロ千代田線と副都心線が乗り入れています。付近にはJR山手線の原宿駅もあり、終電も遅くまであるなど、交通利便性が高いエリアとなっています。

 駅周辺には、駅名の由来となった神社「明治神宮」があるほか、おしゃれなカフェやスイーツ店、インテリアショップなども豊富。LIFULL HOME’Sは「おしゃれが好きでショッピングが好きな人に向いている駅です」とコメントしています。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「住まい」のアクセスランキング