メディア

大塚明夫さんの演じたアニメキャラクターで好きなのは誰?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 独特の低音ボイスが特徴的で、幅広い世代に愛されている声優の大塚明夫さん。アニメやゲームの出演から、テレビのナレーション、映画の吹き替えなど、今もさまざまなジャンルで活躍しています。

 今回ねとらぼ調査隊では、大塚さんの演じたアニメキャラクターの人気投票を実施します! 数あるキャラのなかでも、特に好きな1人に投票してみてください。まずは3人をピックアップして解説するので、ぜひご覧ください。

advertisement

アナベル・ガトー(機動戦士ガンダム0083)

 ガンダムシリーズのOVAとして、1991年に制作された「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」。そのなかで大塚さんは、準主人公ともいえる敵方デラーズ・フリートのエースパイロット「アナベル・ガトー」を演じました。

 ガトーは一年戦争で「ソロモンの悪夢」と呼ばれたほどの腕前を誇り、ジオン残党軍の理想に殉じて散りました。中世の騎士のような実直な性格に、大塚さんの低音ボイスが見事にマッチしています。

advertisement

ブラック・ジャック(ブラック・ジャック)

 手塚治虫さんの代表作の1つとして有名な「ブラック・ジャック」。大塚さんは1993年のOVA以降のアニメ作品で、その主役のブラック・ジャックを演じ続けています。実際にはゲームやラジオドラマなども含め、多くの声優や俳優が担当していますが、今では「ブラック・ジャックと言えば大塚さん」というイメージが定着しています。

advertisement

バトー(攻殻機動隊)

 士郎正宗さんの漫画を原作とした「攻殻機動隊」は、劇場版やテレビアニメ版などさまざまなタイトルが存在します。大塚さんが演じたバトーは、主人公・草薙素子と同じ「公安9課」に所属する、パワー型のサイボーグ。原作では少々コミカルタッチな部分があるものの、劇場版では一貫してハードボイルドなキャラクターとして描かれています。

advertisement

その他

  大塚明夫さんはさまざまな人に愛されるキャラクターを数多く演じてきました。選択肢には、所属事務所の公式サイトに記載されているアニメ作品の33キャラを用意しました。リストにないキャラクターに投票したいとい場合は、「その他」を選択してコメント欄に名前を挙げてください。

advertisement

アンケート

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「アニメ」のアクセスランキング