メディア

【マクロスF】の好きな楽曲ランキングTOP40! 第1位は「サヨナラノツバサ〜the end of triangle」に決定!【2021年最新結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 ねとらぼ調査隊では、4月20日から5月3日までの間、「『マクロスF』で好きな楽曲は?」というアンケートを実施していました。

 マクロスシリーズ25周年を記念して制作された「マクロスF」。シェリル・ノームとランカ・リー、2人の歌姫が登場し、数々の名曲を生み出しました。2021年には「劇場短編マクロスF~時の迷宮~」が上映予定で、テレビシリーズの放送から10年以上が経過した今も「マクロスF」は絶大な人気を誇っています。そんな「マクロスF」シリーズの中で使用された楽曲の中で、最も人気があったのはなんだったのでしょうか?

 今回の投票では、3872票もの投票をいただきました。ご参加いただいた皆さん、ありがとうございます! それではさっそく結果を見ていきましょう。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第10位:トライアングラー

 第10位は「トライアングラー」。アニメ「マクロスF」の第1話~第16話のOP曲です。マクロスFシリーズの音楽を担当した菅野よう子さんと坂本真綾さんの黄金コンビによる楽曲。透明感のある歌声が曲や作品の世界観とマッチしています。イントロの「君は誰とキスをする」というフレーズのインパクトは凄いですよね!

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第9位:ユニバーサル・バニー

 第9位は「ユニバーサル・バニー」。白うさぎと黒うさぎ、シェリル・ノームにひそむ二面性を表現しています。「劇場版マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~」のメインビジュアルには、この曲をイメージしたデザインが使われました。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第8位:放課後オーバーフロウ

 第8位は「放課後オーバーフロウ」。「劇場版マクロスF恋離飛翼~サヨナラノツバサ~」の主題歌と挿入歌に起用されています。ランカ・リーが初めて作詞した曲として劇中で披露。早乙女アルトへの思いを記したラブソングです。「放課後別れたら明日はもう会えないかもしれない」というサビの歌詞は、映画のコンセプトの1つをストレートに表現しています。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第7位:オベリスク

 第7位は「オベリスク」。「劇場版マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~」の挿入歌でした。劇場版の公開に合わせて新規で制作され、劇中ではシェリル・ノームが走りながら、かっこよく歌っています。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第6位:射手座☆午後九時 Don’t be late

 第6位は「射手座☆午後九時 Don’t be late」。アニメ「マクロスF」の第1話から使われている挿入歌です。ライブでも人気の高い楽曲で、サビの「持ってっけ~」の部分でボルテージが一気に高まります。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第5位:星間飛行

 第5位は「星間飛行」。アニメ「マクロスF」第12話の挿入歌です。アイドル歌手ランカ・リーの代表曲です。サビ前に入る独特なポーズでの「キラッ!」が特徴的な楽曲で、松本隆さんによる歌詞も印象的ですよね。ランカ・リーの声優と歌の両方を務めた中島愛さんは、こちらの楽曲で歌手デビューを果たしました。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第4位:ノーザンクロス

 第4位は「ノーザンクロス」。アニメ「マクロスF」第16話~第18話および第22話~第24話のED曲として使用されました。第22話のサブタイトルにもなるなど作中でも重要が楽曲で、死を目の当たりにしながらも、力強く生き抜こうとするシェリル・ノームを表しています。コメント欄には、「シェリルの生き様がイケメンすぎて泣く…」と称賛のコメントが寄せられていました。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第3位:ダイアモンド クレバス

 第3位は「ダイアモンド クレバス」。得票数は548票と、全体の14.2%の票を獲得して第3位にランクインしました。

 テレビアニメ20話ではサブタイトルに「ダイアモンド・クレバス」が使用され、多くの人が避難所で自暴自棄になりかける絶望の中、「ダイアモンド クレバス」を歌い、シャリルの成長にも繋がった楽曲です。ミハエル・ブランとクラン・クランの別れを彩った曲でもあります。大切な人との別れを題材にしたバラードで、May’nさんが言葉1つ1つの重みを感じながら歌い上げています。

 コメント欄では、「ダイアモンドクレバスの歌詞は何度聴いても震える」「今でもダイアモンドクレバスを聴くと泣きそうになる」などの書き込みをいただきました。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第2位:ライオン

 第2位は、「ライオン」。得票数は587票と、全体の15.2%の票を獲得して第2位にランクインしました。

 アニメ「マクロスF」第18話~第24話のOP曲です。シェリル・ノーム、ランカ・リー、早乙女アルト、3人の気持ちのすれ違いを題材にしたラブソング。May’nさん&中島愛さん、2人が感情たっぷりに歌い上げ、重厚感あふれる楽曲に仕上げています。

 コメント欄には、「シェリルとランカの歌は最強」と共感の声が集まっていました。

画像は「Amazon.co.jp」より引用
advertisement

第1位:サヨナラノツバサ〜the end of triangle

 第1位は、「サヨナラノツバサ〜the end of triangle」。得票数は591票と、全体の15.3%の票を獲得して第1位になりました。「劇場版マクロスF恋離飛翼~サヨナラノツバサ~」の挿入歌。May’nさんと中島愛さん2人によるデュエット曲で、劇中、最終決戦を彩りました。

 「マクロスF」の集大成として、命がけで歌うシェリル・ノーム、アルトに思いを寄せるランカ・リー、それぞれの様子が表現されていました。この歌を聴くと、当時の感動を思い出す人が多いようです。

画像は「Amazon.co.jp」より引用

まとめ

 コメント欄を見てみると「一曲だけ選ぶのがホント難しかった」「全て好きです。どれもアニメや劇場版のワンシーンを思い出させてくれます。10年以上経った今もずっと聞いていますし、アニメ放送が終わってなお誕生する名曲達に期待で胸を膨らませています」など、作品の人気を示すコメントが多かったです。

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「アニメ」のアクセスランキング