メディア

【NHK】東京の女性アナウンサー人気ランキングTOP25! 1位は「和久田麻由子」さんに決定!【2021年最新投票結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 5月12日から5月25日まで、ねとらぼ調査隊では「NHK女性アナウンサーで好きなのは?」というアンケートを実施しました。

 冷静で落ち着いた印象がありながら、それぞれの個性が光るNHKの女性アナウンサー。投票対象はNHK東京アナウンス室所属の女性アナウンサーでした。今回のアンケートでは、総数2万4202票もの投票をいただきました。ありがとうございます! それでは、結果を見ていきましょう。

画像は「NHKアナウンス室」より引用
画像は「NHKアナウンス室」より引用

第10位:中山果奈

 第10位は中山果奈さん。得票数は648票、得票率は2.7%です。

 中山さんは2014年入局。松江放送局に勤務後、広島放送局に異動し、2019年に東京アナウンス室に異動しました。2020年から「ダーウィンが来た!」にてナレーションを務めている他、2021年から「正午ニュース」キャスター、「ニュース 地球まるわかり」のリポーターを担当しています。

画像は「NHKアナウンス室」より引用
画像は「NHKアナウンス室」より引用
advertisement

第9位:合原明子

 第9位は合原明子さん。得票数は750票、得票率は3.1%です。

 合原さんは2009年に入局し、福島放送局に勤務しました。その後、仙台放送局を経て、2014年に東京アナウンス室に異動。異動前は多くの震災報道に携わり、2019年には「所さん!大変ですよ」や「クローズアップ現代+」などに出演しました。現在は産休を取得されています。

画像は「NHKアナウンス室」より引用
画像は「NHKアナウンス室」より引用
advertisement

第8位:赤木野々花

 第8位は赤木野々花さん。得票数は1376票、得票率は5.7%です。

 赤木さんは2013年入局。徳島放送局に勤務後、大阪放送局に異動し、2017年に東京アナウンス室へ配属されました。すぐに「日本人のおなまえ」のサブMCを担当し現在も継続中。「NHK NEWS おはよう日本」のキャスターなども担当し、2020年から音楽番組「うたコン」の司会を務めています。

画像は「NHKアナウンス室」より引用
画像は「NHKアナウンス室」より引用
advertisement

第7位:池田伸子

 第7位は池田伸子さん。得票数は1444票、得票率は6.0%です。

 池田さんは2009年に入局し、熊本放送局、名古屋放送局を経て、2016年に東京アナウンス室に異動。現在は「NHKニュース7」キャスターの他に「ファミリーヒストリー」の司会などを務めています。

画像は「NHKアナウンス室」より引用
画像は「NHKアナウンス室」より引用
advertisement

第5位:井上あさひ

 第5位は同率で2人の女性アナウンサーがランクインしました。1人目は井上あさひさん。得票数は1476票、得票率は6.1%です。

 井上さんは2004年入局。鳥取放送局、広島放送局を経て2009年に東京アナウンス室に配属されました。「ニュースウオッチ9」のキャスターなどを担当後、2015年には京都放送局に異動。2017年に東京アナウンス室に戻り「NHKニュース7」の土日祝キャスターなどを担当しました。現在は「日曜討論」でキャスターなどを務めています。

画像は「NHKアナウンス室」より引用
画像は「NHKアナウンス室」より引用
advertisement

第5位:桑子真帆

 同じく第5位に選ばれたのは、桑子真帆さんでした。

 桑子さんは2010年に入局後、長野放送局、広島放送局を経て2015年に東京アナウンス室に配属。異動後すぐに「ブラタモリ」のアシスタントに抜擢されました。その後も「NHK紅白歌合戦」の総合司会や、平昌オリンピックの開会式の実況など幅広く活躍。現在は「NHK NEWS おはよう日本」の平日キャスターを担当しています。

画像は「NHKアナウンス室」より引用
画像は「NHKアナウンス室」より引用
advertisement

第4位:鈴木奈穂子

 第4位は鈴木奈穂子さん。得票数は1486票、得票率は6.1%です。

 鈴木さんは2004年に入局し、高松放送局、松山放送局を経て、2008年に東京アナウンス室に異動。「首都圏ネットワーク」「NHK NEWS おはよう日本」など多くの番組でキャスターを務めました。産休・育休から復帰した2021年から「あさイチ」のキャスターを担当しています。

画像は「NHKアナウンス室」より引用
画像は「NHKアナウンス室」より引用
advertisement

第3位:杉浦友紀

 第3位は杉浦友紀さん。得票数は1504票、得票率は6.2%です。

 杉浦さんは2006年入局。福井放送局、名古屋放送局を経て、現在は東京アナウンス室に所属しています。BSプレミアムの特別番組「全マクロス大投票」で歌手の西川貴教さんとともに司会を務めました。現在は「英雄たちの選択」の司会や「逆転人生」のMCなどを担当しています。

 海外生活の経験があり、学生時代にはスティーブン・スピルバーグさん、トム・クルーズさんと英語で話したことがあるそうです。コメント欄では「歴史番組やバラエティ、サブカル番組もこなせるマルチアナ。マクロス、セラムン愛には感動しました」などの声がありました。

画像は「NHKアナウンス室」より引用
画像は「NHKアナウンス室」より引用
advertisement

第2位:林田理沙

 第2位は林田理沙さん。得票数は2849票、得票率は11.8%です。

 林田さんは2014年に入局し、出生地である長崎県の長崎放送局に勤務しました。その後は福岡放送局を経て、2018年に東京アナウンス室に異動。「ブラタモリ」のアシスタントや「NHK NEWS おはよう日本」の平日キャスターなどを担当しました。2020年からは「首都圏ネットワーク」のキャスターをはじめ、数々の番組に出演。

 コメント欄では「ブラタモリ、真面目で面白かった」「関西に住んでいる私には、最近テレビで見る機会は減りましたが、ブラタモリの銀閣寺、出町柳の鴨川(賀茂川)御所のロケは印象に残っています」などの声がありました。

画像は「NHKアナウンス室」より引用
画像は「NHKアナウンス室」より引用
advertisement

第1位:和久田麻由子

 第1位は和久田麻由子さん。得票数は3548票、得票率は14.7%です。

 和久田さんは2011年入局。岡山放送局に勤務後、2014年に東京アナウンス室に異動し「NHK NEWS おはよう日本」のキャスターを務めました。2019年には、令和初となる「NHK紅白歌合戦」の総合司会を担当。現在は「ニュースウオッチ9」のキャスターや「みんなのうた」のナレーションなどを担当しています。

 コメント欄では「和久田麻由子さん。笑顔が素敵な方ですが、時折見せる真剣な眼差しも魅力的です」「毎日見るのが楽しみ」といった声が寄せられていました。

画像は「NHKアナウンス室」より引用
画像は「NHKアナウンス室」より引用
advertisement

コメント欄で多かったのは……

 地方局に所属している女性アナウンサーを挙げる声も多く寄せられ、大阪放送局の牛田茉友さん、石橋亜紗さん、名古屋放送局の藤井彩子さんのお名前が目立ちました。

 全国各地で活躍するNHKの女性アナウンサーが、いかに多くの視聴者から支持を集めているかがわかった今回の調査。たくさんの投票とコメント、本当にありがとうございました! ランキングTOP25の全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.