メディア

「就職支援が手厚い大学」ランキングTOP20! 1位は「国際教養大学」【2021年最新 / 北海道・東北版】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 2021年4月、教育に関する情報を提供するWebサイト「大学通信オンライン」が「おすすめの大学」に関するアンケート調査の結果を発表しました。調査対象は、アンケート回答のあった進学校910校の進路指導教諭です。

 今回はその中の「就職に力を入れている大学(北海道・東北編)」の結果を見ていきましょう。

(出典元:大学通信オンライン

advertisement

第2位:八戸工業大学

 第2位には同率で2校の大学がランクイン。1校目は「八戸工業大学」でした。無線通信技術者育成のために開設された学校を前身としており、地域社会の要請に応えながら組織を拡大してきた歴史があります。現在は2学部6学科を設置しています。

 学生の入学と同時に就職のサポートが始まるのが特徴で、大学1~3年生まで間に「キャリアデザインI・II・III」という科目が設けられています。また、学生の担任教員が大学1年生の時から進路・就職に関してアドバイスを行うなど、手厚いサポート体制を整えています。

advertisement

第2位:東北大学

 第2位のもう1校は「東北大学」でした。1907年に創設された、10学部・15研究科、3つの専門職大学院などを有する総合大学です。「研究第一」「門戸開放」という2つの理念のもと、世界最高水準の研究・教育を提供し、社会問題を解決できる指導的人材を育成することをめざしています。

 進路支援では「キャリア開発室」という専門組織を設置して学生をサポート。「ライフ・キャリアデザイン」「社会と大学生」といった授業や、キャリア支援に関するガイダンスやセミナーの企画・運営などを通じて、学生のキャリア形成を支えています。

advertisement

第1位:国際教養大学

 そして第1位は「国際教養大学」でした。2004年に設立された大学で、「国際教養教育」という教学理念のもと、世界で活躍できるリーダーの育成に努めています。2021年4月時点で50カ国・地域の200の大学と提携しており、14カ国・地域から外国人留学生を受け入れています。また授業はすべて英語、1年間の留学義務など、外国語のコミュニケーション能力やグローバルな視野を養う体制が整備されています。

 進路支援では「キャリア・デザイン」という必修科目を設けているほか、選択科目で「インターンシップ」も受講可能。キャリアカウンセリングなども実施しており、大学4年間を通じて切れ目のないサポートに取り組んでいます。

 すべてのランキングは、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.